数々の名クリエイターの作品をネット上で公開する


日本アニメーター見本市


ここでも何度か紹介しましたが、


このたび、無事最終話アフレコが、終了しました。


「日本昔話のように、お二人で」という柔らかい以来とは真逆の苦行。



とにかく、登場人物を全て


山寺宏一氏と林原の二人でやりきる!


少年も少女も、青年も、女も女性も


おじさんも、おじさんも、おじさんも、


ウルトラマンもウルトラマンもウルトラマンも…。


いやあ、何人おじさん出てきたかな?


名だたるウルトラマン全部山寺さん一人で、やったもんなあああ。


私は、少年、少女の掛け合いもあったな。


口パクに入りきらない膨大なセリフを早口で(わざと)言ったり、


お互いを支えあい、慰めあい、褒めちぎりあい、無事たどり着きました。


終わってみれば、勝手なもので、



全部、楽しかった(*゜▽゜ノノ゛☆


最終回アフレコには、なんと、庵野秀明カントクもねぎらい?に登場。



なんと、なんと、なんと、われわれ二人に花束くれました。


山寺さんは真っ白の


私は


真っ赤!!!!


{B54A7D71-27BF-4179-8218-9A5BB2DFBEEE:01}

お疲れ様のカードまでついてました。


信じられない…、カントクが…  花…  花…  花?????


「エヴァでも一度ももらったことないのに、まさかの、花~?」と問いかけると


「エヴァは、…ほら、セリフ少ないし…」


だって(`∀´)


「まあ、事実、そうだけど…」(^▽^;)


日本のアニメの底力に、少しはお手伝い出来たでしょうか…。


またいつか、内容も、映像力も、発想も、どれでもなんでも、


驚愕する作品に出会える日を楽しみにしています。


http://animatorexpo.com/