東京都 ぴこりんさんより

 

以下ぴこりんさん 青

林原 ピンクでお届けします

 
めぐさん、こんばんは。
7~8年ぶりに手帳を買いました。
 
め:お!いいね。
逆に新鮮。
今、手帳も種類が豊富で迷うよね

手帳を買おうと思ったきっかけは、
スマホが急に壊れたからです。
 
め:ぎゃー怖い!
 
突然画面にリンゴのマークが出たままで
電源切るボタンを押しても電源も切れず。
 
め:怖い、怖い、怖い〜〜〜〜〜〜。
リンゴマークがドクロに見える瞬間〜。

あわててショップに行ったら
お兄さんはにこやかに
 
め:そうそう!
その笑顔、偉いとは思うけど
そーゆー時ばかりはムカつくのよね。

「アップデートしてみてだめなら復元をします。復元はデータが消えてしまいます。バックアップはとってありますか?復元でもだめなら交換ですが、交換ですと順番待ちですので1番早い受けつけが18時です。」
 
め:そうそう!
さらっと言うのよ!さらっと!
いちいちお客のテンションに同調
してたら、身がもたないし
はいはい、プロね、あなたプロ!
って思うけど、
こーゆー時ばかりはムカつく
(すみません)

今お昼ですが、
早くて夕方(o_o)
えええバックアップもとってない・・・
 
め:後悔先に立たず…。
わかっていながら、なかなかやらないことの
ベスト3に入るね。

アップデートをしてくれてる間
ぼんやり待っていたら、
ふと以前めぐさんがスマホ
なくされた話を思い出しました。
 
め:はい、気が遠くなりました。
  出てきませんでした。

スマホがなおらないことには
自宅電話ないし、
公衆電話から番号覚えてる
家族にしかかけれない。
 
め:せめて覚えている番号があって良かった。
 

スケジュールも全部スマホにいれてる。
 
め:ぎゃー怖いよお〜。恐ろしい現実が
攻めて来るよおお。

昔は友達の電話番号も覚えてたのに、
登録してれば
すぐかけれるという便利さが
当たり前になってしまっていて
番号覚えてない。
 
め:絶対、私も、俺もって人が
これ読んでるよ。
 
当たり前や慣れって怖い。
スマホはアップデートでなおったので
データは消えませんでした。
 
め:ああ、良かった。
ホントに良かった。
 
ショップのお兄さんありがとう。
 
め:ムカついてすみません。
穴があったらはいりたい。
お兄さんが神に見える瞬間…。
 
そうそう壊れたことはないけれど、
もしまた壊れた時にあわてないように
スケジュールや連絡先を管理できるので、
そのまま手帳と
バックアップがとれるものを買って帰りました。
 
め:なるほど。
良い決断だね。

手帳はシンプルだけど、
好きな青色の手帳。
長く愛用しようと思います
 
 
め:きっとその手帳は
あなたの2017年を支えて、
管理してくれるね。
どうか…
その手帳無くさないでね…
って、私じゃないから大丈夫か
めでたし、めでたし。
 
ちなみに
年末のアフレコ後、声優仲間のYさんが
携帯をどこぞに落とし…た…か…も…しれない?
で、夜の六本木を一緒に探しまくりました。
警察にも届けました。
 
ご本人、家族の電話も、事務所も
マネージャーの電話番号もわからず

明日のスケジュールすらわからず

 

途方に暮れていました。

 
近しい人の番号くらい覚えておきましょうね。
他人事じゃありません。