昨日のこぼれ話

 

この先、一生使うことはないだろうなあ…

 

って思うエレベーターを使いました。

 

昨日

銀座三越で行われた、落語心中展

 

スタッフに案内されて

セキュリティチェックの後

裏口から入りました。

 

この世界、

楽屋口や

通用口や

搬入口や

 

あれこれ使ってきたけれど

 

デパートの

関係者専用エレベーター

 

ちょっとしたドラマのようでした。

 

日頃使っている人

(社員の方々)には当たり前なんだろうけど

 

かっちりスーツの美容部員の人

デパ地下でお総菜を売っているおばちゃん

紳士服売り場のメンズ

どっかの食堂のコックさん

 

が同じエレベーターに一同に会し

 

少し

仕事の顔ではなく、

少し

仕事をはずれた

少し

リラックスした顔で乗っていた。

 

上の階にある

社員食堂に行くためです。

 

へえええええ

こんなところに社員食堂があるんだあ

(食べたい)

 

同じ銀座三越で働きながらも

 

交流することもほとんどないであろう

別階の人が、一同に会する食堂。

 

銀色の大きな大きな

ちょっと粗雑なエレベーター

 

私たちが買い物をしている裏で

 

このエレベーターは

日々社員の方々だけを

上へ下へ運び、

 

裏口から

売り場フロアーへと繋げているんだなあ。

 

そして、

さっきまでトイレで歯磨きしていた彼女たちは

またキリリとした顔で季節の口紅を勧めに

 

それぞれが

紳士に、またはリクルート青年に

ネクタイをあてがいに

 

フライパンをふるいに

 

お漬物をグラムで量り売りに

 

散り散りと別れ

 

「店員」の顔をして出ていくんだなあ。

 

まるで

ちょっとした舞台のようでした。

 

私は、着替えのしやすい

だらだらとした服を着て控室に到着し 

そこで、見事な浴衣に着替え

 

ステージへ…。


そしてまた、

ダラダラとした服装に着替え

エレベーターを使い外へ出ました。

晴れた銀座は大賑わい。

 

誰にでも

いろんな顔があるね。


{C09EBC89-9240-4CE6-BBD7-6EFF3063B8C0}