林原めぐみさんロングインタビュー「ちっとも変わってない少女性が、私の中にあるからワクワクしていられるんだと思うんです」 | fumufumu news -フムフムニュース-
1986年のデビュー以来、声優として『らんま1/2』早乙女らんま、『エヴァンゲリオン』シリーズの綾波レイや『名探偵コナン』灰原哀など人気作品のキャラクターを数限りなく演じているビッグネームが……そう、林原めぐみさん。彼女のライフワークとも言えるのが、1992年からパーソナリティを務めるラジオ番組『林原めぐみのTokyo Boogie Night』(TBSラジオ、ラジオ関西)。2022年4月にはなんと30周年を迎えたんです。アーティスト、作詞家、母の顔も持つ多忙な日々のなかでも、これだけ長く続けられた秘訣(ひけつ)や取り組み方、そして思い出をたっぷりと語ってもらいました。今回はロングインタビューのPart3(最終回)です。
fumufumunews.jp
これが最終回
全3回(^∇^)

特集して頂けて
ありがたい。

改めて
ラジオ30年😳

数字だけ見ると
凄い事だよ〜

目指そうと思ったら
しんどすぎる( ̄∇ ̄)

SNSが無い頃から
ずっと楽しいラジオ

時代は変わって行くけれど
いつか、終わる日まで
(今は考えてもいないけど)
変わらず、楽しむね

毎週の挨拶

皆さんこんばんわ
林原めぐみです
1週間のご無沙汰いかがお過ごしだった
でしょうか

そして毎週のさよなら
来週も絶対See you again 


聞かない日も
聞けない日も
聞かなくなってしまった時期も

繰り返しソコにいます。

いつでも
おかえり〜(^_^)v