月別アーカイブ / 2018年01月

おはようございます スタッフです


みなさーん嬉しいお知らせが到着です
な、なんと 約7年振りとなるオリジナルアルバムの発売が決定しました
発売日は、めぐさんのお誕生日 3/30(金)ですよ
 

「つばさ」から「今際の死神」までのシングル曲に加えて、
今までCD化されていなかった「恐山ル・ヴォワール」「集結の園へ~セカンドインパクト~」など
の数々の人気アニメ作品のタイアップ楽曲が多数収録

そして、めぐさん作詞による「Fifty」や、岡崎律子氏の未発表曲「Mint」
といった完全新曲もされますよ〜

さらに初回生産盤には、初DISC化のMUSIC VIDEOを収録したBlu-rayを同梱
椎名林檎さんプロデュースによる「薄ら氷心中」では、
オリジナルの映像にはないカットを含む、アナザーバージョンも収録


是非是非、チェックしてくださいね


◆◆CD情報◆◆ 

発売日:2018年3月30日(金) 


☆初回限定盤(CD+Blu-ray/外箱付)

価格:¥3,500+税
品番:KICS-93693


☆通常盤(CD)

価格:¥3,000+税
品番:KICS-3693


【収録内容】(※曲順不同)
[CD]
「つばさ」(劇場アニメ「マルドゥック・スクランブル 排気」主題歌)
「サンハーラ~聖なる力~」
「Come sweet death,second impact」
「The Image of black me」
「SKY5」「薄ら氷心中」(TVアニメ「昭和元禄落語心中」OPテーマ)
「今際の死神」(TVアニメ「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」OPテーマ)

■新規収録曲
「恐山ル・ヴォワール」
「Dilemmatic triangle opera AYANAMI Version」
「集結の園へ~セカンドインパクト~」(「CRヱヴァンゲリヲンX」搭載曲)
「もう1人の私 MEGU Version」
「Mint」(完全新曲)
「Fifty」(完全新曲)
(予定)

[Blu-ray]※初回限定盤のみ
「薄ら氷心中」
「薄ら氷心中」アナザーバージョン
「今際の死神」
「青空」
各Music Video収録予定

お正月明け…

またまた、常夏に行ってまいりました。

ホテルで、ずっ~と50(フィフティ)の歌詞考えてた。

基盤はできていたんだけどね。

詞を書くとき、
当たり前だけど、
「本当に思ってないこと」はかけない。

かっこいいフレーズだろうが、
音数にしっくりくる言葉だろうが…。

で、「本当に思っていればいい」ってもんでもない。

誰かしらの、「わかる、わかる」や
「あるある!」など、ちいさな共感のようなものが必要になる。

だからこその日常。
時に朝食、弁当、夕飯。
時に掃除。
時に洗濯。
時にゆられる電車。

のがれられない日常を、非日常の太陽のもと、
見つめ返してきました。

日常の中にいると、追われてばかりで、ちょいちょい
愚痴くさくなっちゃうんだわ~(笑)

掃除やだー。
ああ、スーパー閉まる。
学校の申し込のプリント提出してない~
〇〇を買いに出たのに、他の買い物してたら〇〇を買い忘れた~
並んでる間に財布用意しとけ!前の人に!INスーパーなどなど。

ステージで歌う私を好きと言ってくれる人もありがたいなと思うけれど

日常に追われながらも、下手くそな掃除。おいしい食卓。
そして少々落ち込んでも、へこたれない。
そんな私へ共感してくれたらうれしいなと思います。

常夏写真、順次アップしますね

茨城県 PNはちみつのレモン漬けさんより

CCF20180120_00002.jpg


10年仕事をしていたら…ね…。

はい

ラジオ終わったのよお。
(ハートフルステイション)

なんというか、
この10年って、世の中が本当にすごいスピードで変わってるよね。

SF映画の世界の話だと思っていたようなことが
次々に形になっていく…
またなろうとしている。

指紋認証、顔認証…、角膜認証はもちろんのこと
連絡手段も様変わり。


国際電話がやっとこさ、海外との連絡手段だったのに。
スカイプ他、直で、顔見て話せる。

番組やブログに届くエアメール。
この時差を楽しむという行為…、
いつかは、なくなるのかしら…。

写メではなくて、絵葉書。(写真ハガキ含む)
海を渡って来たんだなあ…という時差。
行ったことのない土地の「かけら情報」から
あれこれ想像を膨らませる時間。

まあ、無駄っちゃ無駄…なのかも。

この想像を膨らませる部分を「未来」のアイテムが
埋めてくれてるんだろうね。(良かれと思って)

ダイレクトに連絡が取れれば、
わざわざ、一枚の紙が
海を渡る必要…なくなるかも…なのかも。

この先の10年。いったいどうなっているんだろうね。

無駄と思えるアレコレが「味」として、
少数でも残ってくれたらいいなあ。

↑このページのトップへ