月別アーカイブ / 2016年12月

やっとこさ言えますね~。

 

落語心中 第二段

 

椎名林檎嬢との 再びタッグ。

 

どーせ、歌うんでしょ?

またやるんでしょ?

もったいつけてんでしょ?

 

とか

マジで

思わないでくださいね

 

第一段があったからって

そうそう

 

第二段も!

って訳にはいかないんですよ。

 

大人だっって(なまずだって)

メーカーだって(おけらだって)

シリーズだって(あめんぼだ~って)

 

いろいろな状況を一つ、一つクリアして

 

形をなし、

皆さまに

お披露目する前の地味な作業…。

 

そこで、油断すると

そこで、手を抜くと

決してたどり着けなかったりするのです。

 

とにかく、お忙しい、林檎嬢。

 

それでも、喜んで、全身全霊、作品にも、

私にも 愛を込めて、命を込めて

楽曲を提供してくれました。

 

ラブレター以上の、ラブレター。

 

ああ、

読み進め

唄い進めていくのがもったいないよう…。

 

読んだら終わってしまう

唄ったら終わってしまう。

 

そんな悲しき夢心地な時間を

 

気分は、あの世から…お届けしております。

 

「今際の死神」

 

心中の次は

死神と相成りました。

 

「死神」という有名な落語の演目もございます。

 

落語心中 2期ともども

どうぞ

御ひいきご鞭撻のほどを


注)blogアップ後連絡もらいました。

愛川ちゃんありがとう。

以下コピペ

なまずだって、じゃないよ

みみずだって、だよ〜

なまず、

そんなにちっぽけな存在感じゃないしょ


ホントだ!

 

 

こんにちは、スタッフです!

 

いやはや年の瀬ですね…しかしもうすぐ3連休&クリスマス!

ということで、ファンの皆さまに朗報です!

 


あの、

「ヴォーカル:林原めぐみ×プロデュース:椎名林檎」

夢のタッグが再び!!

 

 

林原めぐみの2017年第一弾シングルが、2017年1月6日より放送開始の

TVアニメ「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」

オープニングテーマ楽曲 に決定しました〜!

 

 

アニメ第1期にも登場した重要人物“みよ吉”を演じる林原めぐみがヴォーカルを担当!

そして楽曲の作詞作曲プロデュースには椎名林檎を迎え、

超豪華タッグが再びアニメを彩ります!

 


気になるオープニングテーマは『今際の死神(いまわのしにがみ)』

というタイトルからも想像できるように、古典落語の名作「死神」や、

アニメ本編に登場するキャラクターの繊細な心情が垣間見える楽曲になっています。

 

 

 

さらに、こちら収録したシングルCDが

2017年2月22日(水)に発売決定!

 

 

表題曲に加えカップリング曲を収録し、アニメ1期のオープニングテーマシングル

『薄ら氷心中』同様に全て椎名林檎が作詞・作曲・プロデュースを手掛け、

豪華ミュージシャン陣が参加。
さらに、楽曲だけでなくCDジャケットのアートワークに至るまで、

シングル丸ごと「林原めぐみ×椎名林檎」という期待の1枚となります

 

 

これでもか!というくらい「落語心中」の世界観とマッチした、

今回も素敵な楽曲に仕上がりそうですよ〜。

 

せひ、ご期待ください

 

 

 

【CD情報】
TVアニメ「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」オープニングテーマ
「今際の死神」

 

歌:林原めぐみ/作詞作曲プロデュース:椎名林檎

 

発売日:2017年2月22日(水)
価格:¥1,200+税 
品番:KICM-3320
発売・販売元:キングレコード

 

※初回生産分のみデジパック仕様

 

<収録内容>
M1.今際の死神
(歌:林原めぐみ/作詞・作曲:椎名林檎)
M2.カップリング曲
+各OFF VOCAL VERSIONの計4曲を収録

 

 

【タイアップ作品情報】

TVアニメ「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」


繊細な人間描写で高い評価を得る雲田はるこ原作(講談社「ITAN」所載)による、

昭和の落語界を舞台にした噺家の愛おしき素顔と業を描く人気漫画「昭和元禄落語心中」。

2016年1月にTVアニメ化を果たし、濃厚な人間ドラマと落語シーンの繊細な描写で

話題となった本作のアニメ第2期が、2017年1月6日(金)よりMBS、TBS、

BS-TBS"アニメイズム"枠、AT-Xで放送開始、またAmazonプライム・ビデオにて

最新話が独占配信開始となります。

 

 

アニメ「昭和元禄落語心中」公式サイト
http://rakugo-shinju-anime.jp/

兵庫県 とっさん より(15歳)

めぐさん、こんばんは。
2年半ぶりの投稿です!
私は高校生なのですが、
年賀状について悩んでいることがあります。
学校の先生への年賀状の宛名につける敬称を、「様」にするか「先生」にするかです。
本来はこっち、とか最近の風潮ではこっち、
とか調べてもいろいろ出てくるので、
まだ迷っています。



確かに
諸説あるようですね。
まあ、何が正しいかどうかは、ちょっと
置いておいて、
『私が先生の立場だったら』って
考えてみました。

沢山の生徒さんを世に送り出しながらも
おそらく、プライベートのお顔も
あるかと…。
で、
たとえ、時が流れて、
近々の生徒じゃなくても

宛名に『先生』とあれば
教え子であることは一目瞭然。

『様』であれば、
先生としてではなく、
友達や、旧友から、親戚からや来たものと
相手の名前を見なくてもまず、わかる。

先生として、恐らく沢山の生徒さんから
年賀状が届く事を想定すると、

沢山の中からの
小さな区分けのお手伝いの気持ちで
『先生』とあったら
後から読み直すにしても
少し、楽かな?って
思います。

ラジオでも
沢山のハガキを
毎週、目にしながら
ちょっとした、ハガキの特徴に
助けられる事、
あるからなあ〜。

という経験から
のアドバイスでした。

どかな?




↑このページのトップへ