2月20日 より

シアタークリエにて 「龍馬のくつ」

という朗読劇に参加します。


私はその中で

おりょうさんという

坂本龍馬の妻を演じます。


坂本龍馬ねえ…

名前は、そりゃあもう有名中の有名


はい!薩長同盟ねええ

日本の夜明けぜよ…ねええ


と漠然とした知識を多少深めつつも


歴史は変えられないけれど

見れば見るほど、時代と己の正義の交差に

ぐったりしますね。


新選組ってぼんやりヒーロー像が存在するけれど

龍馬にとっては敵っちゃ敵だしねえ。


立場と考え方で、とらえ方が180度変わってしまう。

勝者が正義…に

そして正義も塗り替えられる。


幕府やら朝廷やらあまたの藩やら外国やらが

入り乱れ乱れ乱れる中


おりょうさんは

「女」として「人」として何を見ていたのでしょう。

何を感じていたのでしょう。


手にした脚本の向こう側に心をはせながら


思い立ち


一人、お墓参りしてきました。


晩年、横須賀で過ごしたおりょうさん

お!横須賀なら、行ける行ける!!


ググってたどりついた

信楽寺


おおおおおお。


つづく…。