こちら

どっからどうみても

7Z9HLMA6Yd.JPG
BXkSksKmVH.JPG


バーガーキングに見えるよね?
9W3AJ5rvYl.JPG


ありがちな、なんちゃって商法かな?

なんて思ったらとんでもない


ハングリージャックスは

バーガーキングのれっきとしたチェーンなのでした。


その名には理由と歴史があったのです。


アメリカがバーガーキングをチェーン店として持ち込もうとした際に

「バーガーキング」という名前がすでに

オーストラリアでは登録商標されていたために

その名前が使用できなくて


この名前で出店したそうです。

その後も本家のオーストラリアにある
「バーガーキング」が

名前の権利を放棄して

ここぞ!と、バーガーキングに戻す?変更?しようとしたけど

この国では、ハングリージャックスの名前がすでに定着しすぎていたから

戻さなかった…とか

名前に対して、裁判もあった…とかとか


ネットで調べるとゴロゴロ出てきました。

興味のある方はぜひ、ググってください。


でもなんで最初に
もう少し似せなかったのかね…

バーガーキングがだめなら


バーガージャックとか(弱いか)

バーガーパイレーツとか(悪者感か?)

バーガーキングオブキングとか(本家を超えてはいかんのか?)

なんなら

バーガージャックスでもいいと思うけど


ハングリージャックス!

もはや原型をとどめていすらいない。


気にも留めなければやり過ごしてしまうお店のロゴ…

ちょっとしたエピソードを知れてよかった。


ちなみに

おなじみのスターバックスは、まったく同じ名前で

あっちこっちにありました。

セブンイレブンもあった。


おかげで

風景が日本に酷似していて、

海外にいる気持ちが薄れてしまうほど。


OGビーフの

ハングリージャックス

オーストラリア限定のバーガーもあるみたい。

現地に行くことが、もしも、もしもあったら

要チェック💕💕🍔🍔🍟