岐阜県 鹿苑院さんより

めぐさん、こんばんは。

5年にわたるそれはそれは苦しかった婚活を卒業し、昨日結婚式をしてきました。
結婚相談所に登録しての婚活でしたが、お見合いして交際成立になっても一、二回食事をおごったらLINEをブロックされてるということが当たり前の世界でした。そんな世界から救い出してくれただけでも嫁は恩人ですが、同居を始めてみるとロングスリーパーの嫁が夜9時、10時に寝ることにイラっとすることもしばしば。それですでに喧嘩もしました。その喧嘩の記憶が新しい中での結婚式でしたので正直ちょっともやもやした気持ちで臨んだのですが、やってみるとなぜか絆が深まったみたいで、同居始めて以来、今が最も仲良くしてます(笑)結婚式なんてお金がかかるだけで実利が無いと思ってましたが、古来からの儀式には不思議なパワーがありますね。親族だけで行った、神社での挙式でした。
神様に感謝して、仲良く結婚生活送っていきます。

なにはともあれおめでとう
そして
なにもかもが、「ここから」だね。
頑張って受験して入った大学
頑張って就活して入った会社

その頑張りは何処柄やら?
こんなはずじゃなかった
ここじゃない
とそこを去る…。
あるあるだよね。


結婚も同じ。

私だって新婚旅行で「成田離婚」の意味を本気で考えたよ
(詳しくは、書籍「なんとかなるなる」をお読みください)

自分とは違う価値観、
それが当たり前だと思って生きてきた人。

朝はパン
朝はごはん

風呂は朝
風呂は夜

ゴミの分別をしない地域だった
ゴミの分別が細かすぎる地域だった

休みの日は出かけてリフレッシュ
休みの日は寝てリフレッシュ

趣味や性格とはまた別に、襲い来る生活習慣の違い。

どちらが、良い、悪いではなく
いちいち違う習慣や考え方の中で生きてきたことに驚愕する日々

それを「ストレス」と思うか
「面白い」と思うか、寛大を手に入れる「学び」と思うか
自分の考えを改めたり塗り替えたり、発見する
「チャンス」ととるか…。

お互い、「その人」と暮らさないとわからなかった
自分とは違う習慣や、景色。
そして違うことを無理に矯正するのではなく
歩み寄る。
または、愛を持ってあきらめる(強要しない)

そんな毎日が、
ふわふわとした新婚の先にはあります。

驚愕しながら、笑い飛ばして、時に要求して、却下して
二人の習慣を作ってくださいね。

趣味嗜好、考え方、習慣が全て同じ人なんていないと思う。
そして違うから面白いv( ̄∇ ̄)v