少し前(誕生日近辺)

私の
無類の肉好きを良くご存知の方に

ペロリ肉に連れて行って頂きました。

これがヒレ
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0605.JPG


これがサーロイン
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0603.JPG


一見同じように見えますが
中がやはり
サーロインさんのほうが
ほ~んの少し、微妙~にギッシュです。
といっても油っぽいとは違うのです。
むして、焼くそうです。
ウナギみたいね

嘘を言えば
15分で完食できてしまうほどの
やわらかさ…
パクパク ごっくん
あ…もう無い…
レベルのやわらかさ

ああ…
働かなくては…
真摯に働かなくては…
牛の命に、
こんなふうに焼いて下さるシェフに
申し訳がたたない。

カウンター席には
セレブ風の少しお年を召したご夫婦がいらっしゃいました。

いくつになっても

肉!!いけるね!


最後の豆ごはん(パラパラチャーハンになっている)
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0606.JPG
出汁まで着いてきて、
全部食べちゃうに決まっているじゃないか。
ああ、胃袋年齢だけ❗️
若返りたいわ。 笑