少し前に
コロンボの特番ナレーションをやった話を書きましたが

その後…

なんだか4Kにて放送が決定したようです。
んで、それ用に再び追加分含めてナレーションした来ました。

実は
ハイビジョンですら、
人間の目が認識できる範囲の7割程度
の識別らしく(知らなかった)

4Kってことで
そこがグーーーンと見えるようになって
演者の表情や、髪の色などが
より、リアルに再現されるそうです。


正直4Kだ、8Kだと言われても
今一、ピンと来ない私なのですが

さらに言うなら
鮮明になるって、そんなにステキか?
必要か?
くすんだ色の世界にも良さがあるのでは?

と思っていたんです。正直なとこ…。

でもね

当時のアメリカの
当時の町並み
当時の建物
当時の噴水…
コロンボが食べていたチリビーンズなどなど、が

当時のまま蘇る…
と言われたら

遺跡発掘か?くらいの
歴史的な事件か…と
思ってしまった。

これは
やはり

感動ですよ

できること
やれること
やったほうがいいこと

それぞれあると思うけれど

コロンボに鮮明さが入り込むことで
その時代が、今を生きるみたいな
また新たな発見があるんだな…と
この私でも理解出来ました。

未来は、技術は、どこまで何を求め
何が必要なのかわからないけれど

その入口に立った気がしたお仕事でした。

もちろん
どっちが良いとか悪いとかではなくて

そういう技術があるという現実

そして
時代は8Kに??????

(* ̄∇ ̄*)現実って何だ???