お待たせいたしました!?

もう2度とこの組み合わせが
一同に介して、
東京ブギーナイトに登場することは無いでしょう。


先日「IVKI]を発売致しました

椿鬼奴嬢

に加え
音楽プロデューサー
堂島孝平氏

奴ちゃんの吉本の同期&飲み仲間&ブレーンの
天津向井氏

今回の
超空のギンガイアン含む
アルバム発売までの経緯、流れを
怒涛のように話しまくっています。

なんなら、ゲスト枠15分が足りなくなって
30分ぶち抜いてしまっています。

お聴き逃しのないようにお願い致します。

併せてこちらも是非(音楽ナタリー取材)


放送はこちら

コマゴマグッズ好きの私…。

久々に、じわじわ感動するグッズに出会いました。

結構昔からあったのかもしれないけど
最近知りました。

イアリングコンバーター!
1534404313060.jpg


男子諸君は興味ないだろうけど
世の中には
ピアス(耳に穴開けるやつ)
イアリング(耳たぶ挟むやつ)

の二種類がありますが(超細かいことはおいといて)

今の世の中
圧倒的に、ピアスのデザインのほうが多いのです。

大ぶりから小ぶり、
珍しいデザイン。
中には,たま~に、イアリングに付け替えられるものもあるけど、
まあ、ピアスのほうが80%以上売り場を制しています。

イアリングコーナーあればいい方。

ただただ、耳に穴開けたくなくて…
でも
お気に入りをショップで見かけると
ほぼほぼ、ピアス!ああ、使えないじゃん。

そんな、あなたに(私に)
ピアスの耳に通す部分を通して使う
イアリングコンバーター!!!

お気に入りを迷わず手にできる!
ピアスあれこれを
イアリングにして使用可能!

使えるタイプと
使えないタイプはあるけど
まあ、今のところ満足!

購入時
最近鼻ピっ子、に良く出会いますが(渋谷の話ね)
ショップの鼻ピの店員さんに(ゴツかわいい)

「お客さんは~ピアスあけないんすか?」
と、屈託なく聞かれ
「うん、開けてないねえ」

「え~なんですか?」

な…ん…で…?(軽っ)
「あまり深く考えてないけど、ていうか、
あなたはなんで鼻ピ?」

「ああ、これねえ、良く聞かれるんですよねえ。
好きな先輩があ、鼻ピやっててかっこいいなあ…って思って
開けたんすけど、入れんのも抜くのも結構痛いし、抜いたら鼻水とか
マジヤバイし、後悔してんですよねえ、でもこれとると
ボッコな穴だしねえ」
っと
話ながら、手際よく、お包みと会計を済ませてくれた。

笑えばいいのか
憐れめばいいのか
良くわからぬまま

通りすぎる会話として流した。

穴にも物語,有り…だなあ。

リハーサル
行ってまいりました。

イヤモニして(ライブ用のイヤホン)
これが、実は凄く苦手( ̄▽ ̄;)
普通のイヤホンの倍の密閉度で
音楽と自分の声で、全部満たされる。
スタッフの肉声は聞こえなくなって
マイクを通して、指示を確認する。

イヤモニすると
世界から孤立したような気になる

でも、
ひとたび、耳からバンドの音が響いてくると
世界が、一変する。
ああ、ステージなんだ。
と、非日常に満たされる。


音の調節して

バンドの方々が
この日の為のパフォーマンスし、
またまた調節し

不思議です。
ココを生業にしながら頑張っている
沢山の「声優」達がいるんだね。

私はどうしたって、やっぱり、
スタジオのマイクの前が落ち着く。

今時の声優さんって
本当に大変だなあって
他人事みたいに
思ってしまうけど、(笑)違うのよ。
ソコが好きなんだものね。
もはや、ソコ目指す場所なんだものね。

その後、衣装合わせもして
ちょっと微調節してもらうことをお願いして…

などなど
着々と準備が整っていきます。

私の後は

水瀬いのりちゃんでした。

ちょっと「フリクリ」の話したりして…
リハの邪魔しないように、スタジオを出ました。


本番、私はどんな気持ちなんだろう。
前回、埼玉スーパーアリーナは大きかった。

でも、私にとって、大きさはあまり関係なかった。
そこが
教室でも、体育館でも、中野サンプラザでも
ドームでも、やるべきことは同じだと痛感した。

ただ、ドームに立つこと自体
人生で、
そう、あることじゃないのは理解している。

その景色を見届けます。

時々、
「私なんかが行って良いものか」
とか
「もっと行きたい人がいるはず」
とか
「私なんて本当のファンの人に比べたら」
とか

見たくないならいいんだけどね💦
変な遠慮をする方がいらっしゃいます。
次あるかどうかなんてわからない
「見たい」と少しでも思って、
「見られる」時間と余裕が、もしあるのなら是非!
後悔せぬよう、是非是非参加してね💕



↑このページのトップへ