兵庫県 まいさんより

CCF20190418_00000.jpg

主人なら…

大人だし

妻がいない時間、
逆にどんだけ、いろいろやってくれていたのか思い知れ!

とも思うけど…。

コンビニあるし、世の中便利だし
とも思うけど…。

自責の念というか、なんとなくほっぱらかしで
家を空けるというのは心が引けるってあるかもね。

ちなみに
ジュニア用には日々作り置きでした。
その日の朝仕込んで、あとよろしく!的な。

今は中3にもなってある程度のことは出来るようになったから
仕込みだけで、「あとは自分でやりなね」と楽になったけど

以前書いた事ありますが

シチューの具大作戦は役に立ったよ

大なべで
ジャガイモ・人参・玉ねぎを(あとはお好み時に大根・ごぼうなど)
塩コショウで痛めて煮込む(鶏がらとか、お好みで一緒に)

これをタネと呼ぶ

に…
豚肉投入(薄めのばら肉なら後から投入可能)
と味噌で豚汁

牛肉(薄めの牛丼系の細切れ投入)
とカレールーでカレー
または
シチューの元でビーフシチュー
(トマト缶も一緒に入れるとは本格的)

鶏肉(細切れでスーパーで売っている)
と牛乳とホワイトルーで
ホワイトシチュー

味変であれこれ楽しめる

タネだけ大量に作って
なんならジップロックに小分けしておけば

味噌やルーくらいいくらなんでも
旦那さんだって、溶けるっしょ。

何かと煮込み系は続いても気にならないから

夜カレー その次の朝カレーで完食
夜豚汁  その次の朝豚汁
のバリエーションを繰り返せば問題ないかと

いない間のごはんまで心配してくれて
御主人、幸せねv( ̄∇ ̄)v



これで結構、持つのよ!

いかがでしょう。

少し前(誕生日近辺)

私の
無類の肉好きを良くご存知の方に

ペロリ肉に連れて行って頂きました。

これがヒレ
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0605.JPG


これがサーロイン
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0603.JPG


一見同じように見えますが
中がやはり
サーロインさんのほうが
ほ~んの少し、微妙~にギッシュです。
といっても油っぽいとは違うのです。
むして、焼くそうです。
ウナギみたいね

嘘を言えば
15分で完食できてしまうほどの
やわらかさ…
パクパク ごっくん
あ…もう無い…
レベルのやわらかさ

ああ…
働かなくては…
真摯に働かなくては…
牛の命に、
こんなふうに焼いて下さるシェフに
申し訳がたたない。

カウンター席には
セレブ風の少しお年を召したご夫婦がいらっしゃいました。

いくつになっても

肉!!いけるね!


最後の豆ごはん(パラパラチャーハンになっている)
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0606.JPG
出汁まで着いてきて、
全部食べちゃうに決まっているじゃないか。
ああ、胃袋年齢だけ❗️
若返りたいわ。 笑


今週は

フランスからのエアメール

からくりサーカスのスタジオの様子

からの

12歳のハガキに

ものすごく、
ものすごく射抜かれてしまった私

小さな奇跡のお話
これもまた、射抜かれてしまった


4月の雪をかけつつ
冬を名残惜しみ
春に思いをはせています


更新しています

ワイファイルーターの調子がおかしくて
なんだかうまい事行かないこのごろ

ショップに持っていったら
基本使いたい放題だけれど
何日間かで大量に使ったから
ロックがかかったらしいです。
(知らなかった)
資料用に過去の映画とか動画とか
沢山見たからみたい。

すぐ回復するっていったけど
まだです。

ちょっと
歯抜けなブログになりそう。
気にせず
よろしく






↑このページのトップへ