『いつか大きくなったら、絵かきさんになりたい』

4歳の頃、私が書いた夢。

それは小学校、中学校、、、と、ずーっと形を何度も変えながら転がり、『お米一粒』ぐらいだったものが、雪だるまのように大きく、どんどんと形になってきている 『 塊 』 のようなもの。

時々、 『 絵かき 』 ってなんだろう? と、尋ねられたりすると、自分でも改めて考えたり、思い返したりするのですが、

すごく短くまとめても、『絵にまつわる全て』と言うと、ぼんやり。
壁画や似顔絵のように、手描きがそのまま活かされるものや、加工も必要なイラストでのCDジャケットやグッズのデザイン、本来ならPCだけでできるロゴデザインも、全ては鉛筆と紙から始めるようにしています。

年末に書いた とある夢のかけらの話。

その中の 『 ライブペイント 』 。

2月末に、東京渋谷でのイベントの出演のお声がけをいただいて、これで 絵かきとしてステージに立たせていただくのは7回目。

ふと、初めてステージに立ったときの事を思い出す。 

私はその頃、とくに『 あがり症 』 で、人前で声を出すのもやっとの事でした。
それでも、絵が描きたい。大きな約束をした事や、あんな事をしたい。こんな事をするんだ。 と思った中に、人前に立たずにクリアできない事が沢山あった。

ならば。 と、立った時、 足はガタガタと震え、何にどう答えたかなんて、イベントが終わったときにはもう覚えてなかった。 

『 すごく良かったよ! 』 と言っていただく声に、ホッとしつつも、 先輩方に 『 どうでしたか? 』 と尋ねる勇気もなく、 途中途中の記憶を辿って、
『もっとこうしたかった』 『 なんであんなに震えて、思うようにできないんだろう 』 
企画が終わって 仲間との帰り道、自分の小ささを自分でジャッジして大泣きしたのでした。

あぁ。だから先輩方に聞きに行けなかったんだ。
答えは明確にそこに。
改めて沢山の先輩方を訪ねてアドバイスをいただいた中に
『 場数を踏む事が何より大切よ。 』 と教えていただき、

それから、自分の企画やお声がけいただいた企画でのチャンスが訪れると、毎回そんなアドバイスや、目の前にいる方々とお話しするように、
しっかり、記憶に刻むように。と、少しずつ。

せっかく楽しいのに、忘れたらイヤだ。とか、せっかくやりたいのに、出来ないのはイヤだ。とか、
イヤならヤッター って素直に喜べるぐらいやろうと思いました。

何はともあれ、筆を持っていざ描く!となると 震えは止まり、全力でできるのだから、
あとは、少しずつ。 と、またそこでも小さな雪だるまをコロコロしているのです。

2月末は東京渋谷でのイベントにライブペイントで立たせていただきます。
今、緊張よりも、楽しみが大きいのは、これまでのおかげです。 めいっぱいがんばってきます。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0699.JPG

↑ フライヤーのバックのイラストも描かせていただきました。

お越しいただける方は、
info@megmirror.net へ、件名に『228チケット』と明記の上、お名前とお越しいただく代表氏名と人数をお書きの上、返信メールが届く設定にてお送りください。 
返信メールが3日以内に無い場合は、こちらのブログのコメント欄にご一報くださいませ。

アコースティックなアットホームなイベントです。
とってもあたたかい時間にするので、お一人様もお越しください

『 いつか大きくなったら 』 。 
まだまだ転がり続けて、大きな雪だるまを作ろうと思います。

MEG♀


励みになります!LINEで読者登録お願いします!

友だち追加数
↓LINEスタンプ、作っています!
bunner3.png