チョコペンは書きにくい。慣れて来たときには中身が無い…
なんて経験はありませんか? 
今日は、私が使っている、クッキングシートで作る絞り袋の作り方を きちんと書きました。アイシングにも使えます。

仕上がると…
xOsPwTeCqL.jpg
こうなります

クッキングシートで作れば、チョコのカケラを中に入れて、レンジでチンするだけでもチョコペンは作れます。 クリスマスやイベントのときにとても便利です

作り方
_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5479.JPG
クッキングシートを20cmほど引き出して使います。幅は30cmの物を使用しています。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5480.JPG
斜めに1カット。
_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5481.JPG
鋭角な部分を5〜10cmほどカット。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5482.JPG
↑画像の右上の位置から左に向かってクルクル巻きつけていきます。 ハサミが入っているところを、手で押さえながら作ります。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5483.JPG
最後まで巻くと、ハサミの持ち手の後ろ辺りに、三角がはみ出ています。
_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5484.JPG
その三角を、袋の中に折り込みます。更に、その周りも少しずつ袋の中に折り込みます。すると、クリップやテープが無くてもホールドされて、絞り袋が完成します

xOsPwTeCqL.jpg
ペン先になる側をカットするほど、書く線が太くなっていきます。
口の小さなボトルに、液体や粉を入れたいときにも即席の漏斗(じょうご)の代わりになりますよ

これからはチョコペンやこの袋を使用するレシピのときは、こちらの記事に飛べるように貼ります。

尚、チョコのカケラを中に入れてレンジで溶かす場合は、500Wで30秒チンしてから、もみもみして、更に10秒ずつチンをして、様子を見ながらゆっくり溶かしていくと失敗しません。 
チョコのカケラを中に入れたら、入り口を細かく折って塞いでから、耐熱皿等の上に置いてチンしてください

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5459.JPG
P2tblHCRo3.jpg
こんな線も、このペーパーチョコペンで書いたものです。
慣れるまでは巻きつけにくいかもしれませんが、クッキングシートなら、何度もやり直せるのでオススメです。

MEG♀(絵かき)
◆LINEスタンプもよろしくお願いします

お願いします
◆これまでのブログページはそのままご利用になれます。アプリからご覧の方も、[お友だち登録]をお願いします!
※アプリからご覧の方は、下記twitterやInstagramのプロフィールに記載のURLよりブログへお越しいただき、ブログ文末の黄緑ボタンを押していただくとご登録できます。お手数ですがよろしくお願いします。
ブログ更新のお知らせの他、カレンダー画像や最新のご報告を送らせていただいております。
毎日新しいレシピ!
読者登録で更新通知

友だち追加数