月別アーカイブ / 2018年02月





二月に差し掛かり、春を目前として寒さが本気を出す日々が続いていますね。 

しかし、周りを見渡せば、春を先取りするかのようにカップルたちが続々と誕生し、「寒さがどうした」「この熱さに勝てるまい!」なんてオーラを纏いまくっている。 


ここにもそんなカップルが一組…


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4266.JPG

マドカ「いや、実際寒すぎるわ」 
公太郎「東京で雪が二回も降るなんて聞いてない」

いなかった。
なんだ、このドライにもほどがある会話内容は。 

「雪って綺麗♡」「本当だね♡」といった甘い内容との雲泥の差に、思わず頭を抱えかけた。
仕方ない、異常に寒いことには変わりない。 

ここにいるのは、
私マドカ・ジャスミンとパートナーの秋ノ宮公太郎。

二十二歳の同学年カップルらしく、今日は二人でデートときたものだ。 
散々"港区女子"だの言われている私も、デートは世間一般の若者と大差ない。 

会話もどのカップルもしているような、ほのぼのとした平和な世間話が続く。 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4267.JPG

マドカ「この服可愛いねー」
公太郎「デザインいいね、似合いそう。あ、そういえばさ」
マドカ「ん?なに?」
公太郎「俺も前にマドカが記事で出してた性感染症の検査キット使ってみたいわ」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4268.JPG

マドカ「え」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4269.JPG

"ほのぼのとした平和な世間話"なんて表現は、一瞬で撤回された。

何を隠そう、私は過去の男性経験の最中でクラミジアに感染し、その一部始終を記事にまとめたし、それは彼も読んでいる。

それにしたって、目の前にいる彼の発言に耳を疑わざるを得なかった。

あの夜、私は感染した。その日、私は決意した。 : マドカ・ジャスミン 公式ブログ
「そういえば、あいつクラミジアにかかったらしいよ!」じめじめとする夏の夜。いつもと変わらない飲み会の最中、友達が突然声を発した。"クラミジア"その単語を知らなかったわけじゃない。保健体育の教科書でちらっと載っているし、というか、ある程度性交渉を持つ同年
lineblog.me

マドカ「なに急に。まさか私が浮気して、他の男からまたうつされたとでも?!」
公太郎「いやいや、違うよ」

戸惑いと驚きで頭の中がぐるぐるとし、次の言葉に困っていた。 

公太郎「マドカを疑ってるとかじゃなくて、あの記事を読んで俺も万が一を考えて検査したいなーと思ったの」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4270.JPG

マドカ「は、はあ」
公太郎「検査自体を受けたことが無いのもあるけど、現実的に梅毒やHIVの感染者は国内でも増えてるし、そういうのにきちんと向き合うきっかけにもなったらね」

自分のパートナーをこういうのもあれだが、同い年なのにしっかりしてるなーーーーーーかーーーー!!!!っと、親戚のおばさんみたいな気持ちになる。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4271.JPG

公太郎「マドカとこれからも一緒に過ごしていくなら、尚更ね」
マドカ「何だか感動してしまった…本当に私との関係をしっかり考えてくれてるんだね…」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4272.JPG

公太郎「まあ、本音言えば、単純に面白そうって思ったのが大きい」
 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4273.JPG

マドカ「感動を今すぐ利子付きで返せコラ」






ということで!(切り替えが早い) 
今回は、STD研究所の郵送検査キット『性病検査STDチェッカー』の女性用タイプSと男性用タイプRをチョイス。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4274.JPG

タイプSは、クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ・HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア(喉)・淋菌(喉)の性器からのどまでの一通りを網羅。

タイプRは、タイプSからトリコモナスとカンジダの除いた、基本検査項目がすべて入ったもの。 

性病検査STDチェッカー エイズ/HIV・梅毒・クラミジアの郵送検査キット STD研究所
www.std-lab.jp

どちらも、あらゆる項目を一度に検査したい人にはおすすめの内容になっていて、これらを匿名&時間を選ばずに受けられるのはとても有り難い。

マドカ「箱がおしゃれすぎる!インスタ映えする!」
公太郎「ポンッと部屋に置いてあっても違和感ないね」

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4275.JPG

検査キットとは思えない、スタイリッシュなパッケージを開封し、早速中身を確認してみる。 

中には、書類などがパウチされたものがどちらにも4つずつ入っていた。これもまたパッケージと同様、おしゃれさの塊で彼と驚き合う。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4276.JPG
タイプS(女性用)

  _var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4277.JPG
タイプR(男性用)


4つのパウチは、
説明書・提出用書類・郵送用封筒・アンケート等 
血液採取キット
うがい液採取キット
腟泌液採取キット(女性用)
尿採取キット(男性用)


に分かれていて、「複雑なのかな?」と思っていた不安を解消させるには申し分ない。 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4278.JPG
マドカ「さて、何からやりますか」
公太郎「とりあえず検査っぽい血液のからやろうよ」
マドカ「検査っぽいって(笑)」





■血液検査


医療用のランセットを指先に刺し、出てきた血液を付属の提出用ろ紙に付着させていくのがこの検査。
血液を十分に採るため、採取前にお湯で指先を温めるのはマストだ。
 
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4279.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4280.JPG

指先に針を刺すなんて、さぞ痛いのだろうと思っていたけど、これがまるで痛くない。全然痛くない。

サクサクと血液をろ紙に付着させている横で、彼が悲しげに呟いた。 

公太郎「ギターやってるから、指先が硬くて針が刺さらない…」

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4281.JPG

ミュージシャンの皆さま、そういった懸念もあるらしいのでお気をつけください。(小声) 

公太郎「なんでそんなに血が出せるの」 
マドカ「あなたが出なさすぎなだけじゃない?」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4282.JPG

公太郎「血圧低いからかな…」 
マドカ「もっと血の気の多いもの食べようね。健康第一」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4283.JPG




■うがい液検査 


続いて、うがい液検査。ご丁寧にうがい用の簡易カップまで付いているではないか。 

血液検査の時も思ったけど、事前準備などは一切必要ないことを改めて感じる。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4284.JPG

マドカ「おお、事前に食事もしなかったし、歯磨きも直前にしなくてよかった」 

うがい液検査は、食事直後や歯磨き後に出来ないなど、ちょっとした注意点があるのでそこだけは要確認!

二人してうがい液を口に含み、天を仰ぎながら、ガラガラ。とにかくガラガラ。 
傍から見れば、まるで餌を求める鯉のような光景でもこれも立派な検査である。 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4285.JPG

公太郎「さっき横目で見てたけど、本当に魚みたいだった」 
マドカ「地味に魚顔だってdisってるよね?」

カップに口に含んでいた液を出し、容器に移せば、うがい液検査も終了。 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4286.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4287.JPG





■腟分泌液検査(女性用)と尿検査(男性) 


腟分泌液検査はカルポーター(長い綿棒)を腟内に挿入し分泌液を採り、尿検査は尿スピッツで尿を採るのみ。それのみ。

マドカ「………」
公太郎「………」
マドカ「…さすがに二人並んで出来るものじゃないから、ひとりずつお手洗い行こうか」
公太郎「俺は並んでしてもいいよ。見ててあげる」
マドカ「ちょっと待って」
公太郎「ジョークだよ、ジョーク」

憎たらしいほど無駄に爽やかな笑顔の彼に見送られ、お手洗いへ足を運んだ。 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4288.JPG

手元にあるカルポーター二本を見つめ、思わず生唾を飲み込む。 

婦人科で何かしらの検査を受けるときに一番嫌いなのが、この異物挿入。ただの長い綿棒かのようなこれが、今は鬼のこん棒にしか思えない。

マドカ「いや、冷静に考えてこん棒より何億倍もマシ」

どんな開き直り方だよ、と一人ツッコミを入れ、サクッと挿入。 

もちろん、この感覚は好きになれないけれど、人様に躊躇なく突っ込まれるよりかは心に余裕を持って出来ることが一番の違いだった。 

手早く二本目も終わらせ、お手洗いを彼にバトンタッチ。

公太郎「おお、意外と早かった」

そんな彼も、お手洗いに行き、ものの数分で帰ってきた。男性用の尿検査は、学校でやるような尿検査と同じで尿を付属の簡易カップにいれ、容器に移して終わりとのこと。 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4289.JPG






そんなわけで、今回の検査は全部終了したのであった。


マドカ「え!二人でトータル30分も掛かってない!」 
公太郎「病院だと大体どのぐらい掛かるの?」 
マドカ「検査自体はそんなに時間は掛からないけど、待ち時間とか考えたらすごく手早いし、匿名だから人目を気にしなくていいのも推せる…」
公太郎「病院に行くこと自体がハードルになってるわけね」
マドカ「そうそう」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4290.JPG

手早いのもあるけれど、何よりも彼との検査は楽しかった。本当にそれに尽きる。 
多少なりとも鬱屈な気持ちになる検査が、今回は不思議とそれが無いし、あっという間に終わっていた。

各キットを封筒に詰め、善は急げと言わんばかりに近くのポストへ向かう。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4291.JPG

いつものように手を繋ぎ、片手にはキットの入った封筒。 

周りの通行人たちは、まさかこのカップルがついさっきまで一緒に性感染症の検査を受けていたなんて思いもしないだろう。 

マドカ「でもさ、一緒に検査受けたいって珍しいよね」
公太郎「そう?」
マドカ「だって、一般的には避けて通りたい話題でしょ」
公太郎「率先してするカップルはまだまだ少数派かもね」 

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4292.JPG

マドカ「それにきっかけだって、私の過去の男性経験だし、嫌な気持ちを抱いてもおかしくないのに」
公太郎「俺もマドカも色んな経験を経て、今こうして一緒にいるからね」
マドカ「うん」 
公太郎「マドカの経験があったから、俺もこういう貴重な機会を得たんだから」 
マドカ「聖母でしょうか?それとも、奇人?」
公太郎「もっと素直になりなよ」



そんなこんなでポストへ到着。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4293.JPG

郵便窓口じゃなくて、ポストに投函するだけなのも非常に手軽で嬉しい。

マドカ「これを出したら全部終わりかー!結果出るまでドキドキする」
公太郎「何もないことを祈るしかないな」
マドカ「でもさ、これで何かあったらどうする?」

軽く聞いたけど、正直怖かった。
性感染症然り、HIV然り、どちらかでも万が一のことがあれば、きっとこの関係は大きく変わってしまうだろう。

公太郎「今は想像の範囲でしか言えないけど」



「変わらずにマドカと向き合い続けるよ、絶対に」


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4294.JPG


真っ直ぐ私を見定めた視線は、嘘偽りを一切感じさせなかった。







それから後日、いよいよ結果が閲覧可能な日に!
心臓の音が酷くうるさい中、二人で同時に確認すると………





【マドカ・ジャスミン】 
vM6tnsUdiZ.jpg
Z9VcuWAuXB.jpg


【秋ノ宮公太郎】 
AeQk81cTT6.jpg
B4x6E8KZZ0.jpg



二人ともすべての項目が陰性。

「よかった!!!!」と、思わず二人で抱擁し合う。
言葉に出さずとも、それぐらいお互い緊張していたわけだ。

付属アンケートに記入した感想にも、丁寧で親身な回答が寄せられていて安堵感が増す。
7TuHJDyR6Y.jpg



【マドカ・ジャスミン】
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4249.JPG


【秋ノ宮公太郎】
xfqruTJVuf.jpg


アンケートに書き忘れたことがあっても、SNSのメッセージ機能かのようにやり取りもできる。
アフターケアも素晴らしい。 

HNBnpftFKy.jpg

また、医療機関へのアテンドもこのページからしてもらえるとまで来た。 

検査だけではなく、きちんと治療までの道筋まで示してくれるなんて…止まることのない感動で心がいっぱいに。 

unfTWGIpE_.jpg



一安心はしたものの、付属のアンケート回答や各感染症の説明を読みながら、二人で"性"について、じっくり話し合った。 

これからの二人の性生活や伴うリスク、不妊や妊娠に出産、話が尽きることなんてない。



だって、二人で"性"を考えることは、二人で生きていくことを考えることだから。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4295.JPG

マドカ「なので、浮気や風俗に行ったらタダじゃおかないのでよろしく」
公太郎「はいはい、ところで関白宣言って知ってる?」
マドカ「やかましいわ!!!!!!」


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4296.JPG
性感染症(性病)の検査を、より身近なものに STD研究所
性病の郵送検査・研究を行う機関です。日本性感染症学会認定士による専門的なサポート、川崎市登録衛生検査所の自社ラボ検査・研究体制。STDとは性感染症(性病)のこと。検査が大切。STOP the STD
www.std-lab.jp




マドカ・ジャスミン
秋ノ宮公太郎 (Twitter @tottoco03 )

Photo by 深町レミ (Instagram @bisco03zd )




訃報は突然入る。

ある時は青空が気持ちいい週末、ある時は飲み会前のうるさい繁華街、緩やかに流れる日常にトポンと落ちてくる。

その都度、モノクロの景色の中、BGMかのように「今を生きることが残された私たちが出来ること」が繰り返された。でも、一年二年、さらに経てば、タダの出来事と化す。冷たくなったその顔を触った筈なのに。


夜中、ふと目覚める。横にはいつもと同じ顔。

顔を触れば滑らかで、綺麗な凹凸に嫉妬すら芽生えかけるのにも慣れてしまった。

「…」

たぶん、ずーっと未来の話だろうけど、いつかこの顔を、暖かくなくなったこの顔を触る日が来るのかもしれない。トポンと、そんな気持ちが落ちてきた。

女性の寿命のほうが長いし、私が見送る側になる可能性は高いな…なんて、理屈めいた思考を巡らせたところで何も意味がない。頬を伝う涙がそれを証明している。

死は、怖いものではない。
死は、常に隣にいる。
死は、夕方みたいなものだ。

だから、怖くない。分かってる、理解してる。
けど、この瞬間は、寂しさが怖ささえも飲み込んでしまう。

打算的な人生だったのに、今の私はそのカケラもない。

暖かさを確認するように頬や唇に触れ、また私も瞼をゆっくりと閉じた。

どうか、明日も開いた瞼から瞳が見れますように。
約束してた場所に行けますように。
晴れますように、天気予報は小雨だから。

明日の天気は誰にもわからない、から。


マドカ・ジャスミン




こんばんは、マドジャスです。

先日秋田に行ってきたのですが、こちらの雪と違いフワフワで東北みを強く感じました。

それでもって、昨日もまた雪。
いやもうそろそろ飽きたわ!寒いわ!

すでにお花見シーズンが待ち遠しいです。



先週もホール・個室ともに満席でした!
ありがとうございます!

一月最終営業日も、とっても楽しく締め括れて何よりでした。

お客様も馴染みの方が中心で、終始アットホームだったかなと思います。


また、Kさんからヴーヴ 、
Rくん、Mさんからヴーヴ二本をいただきました!!!!
WQJEjuuldQ.jpg


RくんとMさんは一周年の前祝いということでした。
感謝感激雨霰とはまさに…!
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3281.JPG
この二人と飲むのはいっつも楽しい!
謎の病みソングメドレーにお腹を抱えっぱなしでした。笑


皆さん、ありがとうございました!!



さあ、さあ、さあ!!!!

今夜はパーティですよ!!!!!

21時からお待ちしております*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

本日に限り、女性のみでのご来店による飲み放題価格を3,000円とさせていただきます。
何卒ご了承ください。


今日明日はたらふく飲むぞ!!!!
楽しみだ!!!!!!!!


postumo
東京都港区西麻布1-10-14
アビターレ霞町 B1

-System-
Charge 3,000円/1h
Extra 1,500円/0.5h
Drink 1,000円〜
Tax 20%

マドカ・ジャスミン

↑このページのトップへ