007はじまったなー。見たいなー。



どうも、マヤです。



なぜなら私はイギリスにいるから。



なので今日はイギリスあるある。



というか、英語だと思ってしまっていて使って恥かくというパターンのやつです。



典型的なので言えば



「キーホルダー」



めっちゃ英語っぽいこれ。



普通に使うやん。



でもKey chainとかkey ringとか言いますね。



サウサンプトンでは朝食はクラブの食堂でビュッフェ形式で取ります。



今まで3年間ずっと卵はスクランブルエッグ派だったんですが



最近オムレツに変えました。(特に変えた理由はありません)



各々食堂のスタッフの人にオムレツの中身を伝えます。



僕の場合はハム、チーズ、パプリカ。



しかし、何度言ってもパプリカが入ってません…。



3回目ぐらいでさすがに「パプリカ入ってないよ!」



というと次の日は「ちゃんとパプリカ入ってるよ!」と確認してくれたスタッフさん。



…が、やっぱり入ってません…。



ちょっと待て。



なんだこのパプリカ詐欺は。



食後にスタッフさんのところに行ってパプリカの写メを見せて「これが欲しいんだ、パプリカ!」



※そもそもパプリカって英語もどこにアクセント来るのか良くわからなくてテンパってました。



そしたら「それpepperだがね!」とスタッフさん。



ぬっ⁉



ぺ…ぺっぱー?



そのあとすぐググりました。



英語圏ではパプリカは香辛料のことらしいです。



僕がイメージしているパプリカのことはpepperと呼ぶそう。







逆やん?



あたいの中でパプリカがピーマンみたいなやつでpepperが香辛料じゃん。



そう言えばパプリカ入ってるよ!って言ってたとき赤い香辛料みたいなの入ってて少し辛かったんだよな~。笑



ちなみにピーマンはgreen pepper。



ちくしょう。今までごめんなパプリカ。



いや、ペッパー。



そして、これからもよろしく。







※最近ミズノをプライベートで履いてみるというチャレンジをしています…。