月別アーカイブ / 2013年02月

自然の力宿るオトコ!











どうも、マヤです。









吉田ついにCMデビューしました。











Volvicさんの「自分応援キャンペーンアンバサダー」を務めさせていただきます!











おとといからVolvicのCMが流れ始めたようですね











さっそく、友人から連絡入りました…











え!ホント?









僕はまだ見てない











いつ流れてるの?











私も見たい!











というマヤニスタのみなさんは









ぷちゃへんざーっぷ







あんど(&)











チェケラッチョ!









www.volvic.co.jp












撮影では









試合をイメージしながら









ジャンピングヘッド!





photo:03







ヘディングしすぎて




吉田麻也オフィシャルブログ Powered by Ameba





頭ブレブレ




納得のいく映像が取れるまで頑張りました!









photo:01















マヤ「結構沢山取れましたね」











スタッフさん「ありがとうございます!良い映像がとれました!」











マヤ「ジャンピングヘッド以外はいいんですか?」











スタッフさん「…」











マヤ「????」











いや、ナレーションとかスライディングとか、私服とか…あるんじゃない?









って考えてたから…











スタッフさん「…」











マネージャー「出るのは一瞬だから…」













そうです!











一瞬です!











見逃さないように目凝らしてみてください。笑











きっと、画面いっぱいに広がる











僕の顔が瞼に焼き付きます!!











photo:02










昔チームメイトに「フジータ知ってるか?」



って言われたんで「うん、前一緒にプレーしてたよ。」




って言ったら爆笑されました。




フジータ(藤田俊哉さん)ではなく




ドラゴンボールのベジータのこと言ってました。




どうも、マヤです。




はい、ということで前節ニューカッスル戦に負けてしまいました。




直接対決に敗れてしまいましたがまたすぐ下位との戦いなので




気を引き締めて頑張ります。




それにしてもニューカッスル寒かった…




photo:01






ところで、今回はベジータさん…ではなく




フジータさんのお話。




フジータさんこと藤田俊哉さんがS級コーチングライセンス研修でヨーロッパを回っています。




こないだわざわざサウサンプトンにも来てくれました。




photo:02






スタジアムを案内するとホーム側ではなくアウェー側のベンチに座りパシャリ。




photo:03






俊哉さんらしいなと思いました。




いつか、俊哉さんがあそこに本当に座る日がくるかも知れない…と思うと不思議でワクワクしますね。




俊哉さんには名古屋時代からお世話になっていていろんなことを教わりました。



サッカーたけでなくプライベートでも。




フェンロに移籍してからはオフに帰ってお会いしたりはしてましたが




なかなか忙しくゆっくり話すことをなかったので




今回こうやって話せて楽しかったです!




ただ、俊哉さんがサウサンプトンで一番テンション上がってた場所は…




photo:04







タイタニック博物館(意外としょぼい)のお土産コーナー。笑





あっ!それともう一つ。





先週発売のナンバーから連載を始めさせていただくことになりました。




この連載ではサッカーの細かいプレー、試合の感想を事細かに紐解いて僕がどんなことを考えながらプレーしているのかを10代から僕を取材して頂いている西川記者に綴ってもらっています。



連載のためにも試合にで続けないといけませんね。笑





とにかく、ブログとは違ったかなりマニアックな真剣な文面でも吉田麻也を楽しんでいただけたらと思います。









ちゅん君がシーズン終了まで日本に帰ることになりした。




移籍についてはたくさん話しました。




サッカー選手にとって移籍は簡単なことではありません。




もしかしたら誰しもがキャリアの最初は誰かしらが敷いたレールの上を歩き出すのかもしれませんが




いつか自分自身でキャリアの選択をして




自分の道を作って行かなくてはなりません。




これはサッカー選手だけではなくアスリートみんなそうでしょう。




人生は選択の連続だ。




と、カズさんも何かのインタビューで言ってました。




まさにその通りだと思います。




そして、自分の選択が間違ってないことを証明するために全力を尽くす。





その繰り返しが自分のキャリアを作っていく。




とにかくちゅん君には日本で頑張ってもらい



また代表や、セインツで一緒にプレーできることを楽しみにしています。




もちろん僕も頑張らないといけません。




それにしてもさみしくなります。




僕がサウサンプトンに来た時から色々助けてもらったし




アドバイスもたくさんしてもらいました。




感謝しています。





photo:01







韓国料理食べたり




photo:02






スイーツ食べたり…




photo:03






……





食べてばっかだな!笑





とにかく…




頑張れちゅん君!




ありがとうちゅん君!





photo:04






↑このページのトップへ