東日本大地震から今日で9年が経ち、当時のことを思い出すと今も胸が痛くなります。
あの時の苦しみや悲しみがずっと消えることがなくても、私にできることは一瞬でも笑顔になってもらえるようにすること。

毎年12月には気仙沼のイルミネーション点灯式でライブをさせていただいていますが、寒い中来てくださった皆さんの笑顔を見ると、本当に歌い続けてきてよかったなと思えます。
自分にできることは本当に小さなことかもしれないけど、これからも一人でも多くの方の笑顔を増やせるよう歌い続けていきたいです。

今は新型肺炎で世界中が大変なことになっている中、イベントなども自粛され、エンターテインメントを思う存分楽しむことができなくなっています。
1日でも早く事態が収束し、また皆さんの前で歌を届けられる日が来るのを楽しみにしています。

3.11で学んだ、「悔いがないように生きること」を胸に、これからも当たり前だと思わずに毎日を大切に生きていきたいです。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2537.JPG
2011年7月。七ヶ浜の公民館でのライブに来てくれた子供たちの笑顔はいつまでも忘れない。