今日から3日間、長男くんの玉掛け試験が始まります。
昨夜、長男くんに予定を聞くと、6:00起床・6:30出発・7:15に門真の駅、そこから徒歩で教習所にいき、講習開始30分前に入るという事でした。
なので、今夜は早めに寝るという事で、早々に寝てしまいました。
予定を聞きながら、ちゃんと開始30分前に入るとか、朝食をどうするとか、自分で考えるようになったんだな、とくすぐったい気持ちでいっぱいでした。

私が起きるのは、平均6:50くらいです。
今日は寝坊して7:00になりました。
下に降りる時に、ちゃんと行ったかなと子供部屋を覗くと、居ないはずの長男くんがスヤスヤと寝ています。
ハァ?なんで居るの?いや!起こさなきゃ!
私も一気に目が覚め、長男くんを叩き起し、行ける所まで電車で行って、そこからタクシー飛ばしてもらい!とアドバイスして叩きだしました。
旦那は長男くんに何処に何時という事を聞き、油断しすぎや!と怒るし、もう最悪!
とりあえず、やってしまったことは仕方ないし、何とか間に合うことを願うしかない!と旦那に言い聞かせ、送り出しました。
今日は私も次男くんを連れてクリニック受診があったのですが、長男くんの事が気になって部屋でオロオロしていました。
8:20くらいにたまらなくなり電話をすると、直ぐに出て、タクシーの中で何とか間に合いそうと言う返事でした。
ホッとしましたが、なんせ講習が始まっていたら間に合っても入れません。
そこはどうなんだろうと心配していると、8:58くらいに講習受けられるとLINEが入り、ようやくホントにホッとしました。
すぐさま旦那に連絡をすると、やはり心配していたらしく、直ぐに良かったな!という返事をくれました。

さ、そこから次男くんを起こし、クリニック受診の用意をし、ギリギリ10:07のバスに乗れました。
クリニック受診だけでも疲れるのに、なんて事してくれるのよ長男くん
母は、\   ドッ   /と疲れましたよ。

その夜、帰って来た旦那は珍しく興奮していて、開口一番、俺、会社に行く途中、心配で心配でしょうがなかったぞ、よう間に合ったなぁ、間に合わんかったら転職先に謝り倒して何とかチャンスもう一回頼み込めって言うつもりやった、と話してくれました。
思わず私、アンタも親やねんなと言ってしまいました。
長男くんが言うには、タクシーの運ちゃんが迷わなければ、もう少し早く着いていた、という事らしいですが、イヤイヤ寝坊したアナタが悪いから。
気持ち良く寝てる長男くん見た母の心臓、止まりそうになりましたわよ。
早死させるようなこと、止めてね。
まあ、終わり良ければ全てよし、明日から気をつけて下さいな。

今日も長文を読んで下さったみなさま、ありがとうございました。