今回のワールドベースボールクラシックを振り返って……

たくさんの海外のベースボールの良い所、そして日本の野球に足りない所が見えましたね⚾️

結果は日本はベスト4で終わりましたが、私はこの結果は妥当だと思いました。

決勝のプエルトリコ vs アメリカの試合を見ても分かるように.両チームが国を代表して、国のために戦い、その為に一致団結し、でもその中で選手が野球の勝負を楽しみ、勝つためにベースボールをしているという事。
日本とは違うスタイルのベースボール。
選手が主役、首脳陣はその選手が力を出せるように采配と選手交代をする脇役。
これが本来の形ではないでしょうか。

日本チームは選手は主役という感じではない。選手本人に意識も無い。首脳陣に動かされ、選手自身がこの場面で自分は何をしよう、どうしたらベストか、考えていない。
チーム全員の意思の疎通が出来ていない。そこがアメリカチームとの差であったと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0489.JPG

私が以前からBaseball Method の中でも提唱している事が ハッキリと海外の良い所、そして日本に足りない所として差となって出て来ていました。

それがアメリカとの決戦の時に、はっきりと出てしまいましたね。
だから、今の日本チームは世界一になれるはずがない。

海外と日本の違い
理に適った握りbaseball methodの中の握りとは、打撃、守備の捕球と送球、投手の球の握り、走塁)

ストライクゾーンの考え方(根本的なストライクゾーンの定義が日本は履き違えている部分がある)

配球の違い   投手が打者と勝負するにあたって、海外の投手の良いところは、一球一球が勝負している。日本の投手の悪いところは、躱そうとしたり打たせて取る的な古い投手としての考えがそのまま配球につながっている。本来、配球とは全球勝負で組み立てるものである。

④  基本的な動作の考え方  投手は打者を抑えるため、打者は投手の球を打つ為、野手は打球を取る為の動作が基本になっている。日本の古い考え方で、形から入る悪い部分が残っている。そこが海外の選手との動作の差に現れ、結果の違いに出ている。(baseball method の中では理に適った身体の使い方)これは特に握りが関係している。

根本的な野球というスポーツの楽しみ方が 海外の選手は上手。これは日本チームのベンチと海外チームのベンチを見ていれば一目瞭然。雰囲気や盛り上がり方が全く違う。これはお客さんにも言える事。日本チームは野球を勝負していて楽しいの?と疑問に思えるほどである。この辺りは初代王さん、二代目原さんの方が雰囲気づくりは良かったと思う。これもアメリカとの戦いの中で垣間見れた部分である。

他にも違いや良い所 悪い所はたくさんありますが、書ききれないので、大きく5つの項目として書き出しました。

☆ この5項目を見て、どのシーンのどのプレーの事かわかる指導者の人は、未来の日本の野球を変えていけることができると思います。

日本の野球は これからもっと世界一になるためには変わっていかなければいけません。
以前、世界一になったからと言って、今の現状に甘んじていてはいけません。
日本の野球界の底辺から、変わっていかなければ、日本の野球の未来は良い方向へは向かっていけないと思います。

その底辺を担っている野球少年少女、そして指導者の考え方や指導力が、未来の日本の野球の運命を背負っています。

さあ 今回のWBCの結果を踏まえて、未来の日本の野球のために役立てていきましょう⚾️

Baseball Method  松浦宏明