先週のブログ『』でのスペシャルなできごとのご紹介です。笑

以前にご紹介しました『サウンドバックインストラクターⓇ3日間に及ぶ講座の様子はこちらをご覧下さい>>
このサウンドバックインストラクターⓇではサウンドバック研修の講師を務めることはもちろん、偶数月にはスキルアップのための定例会を、そして奇数月には 「オリンピック種目を1競技ずつ体験し、最後に東京オリンピックをみんなで応援し行く」というありえないことをおこなっています。

記念すべき第1回目の競技は『テコンドー』でした(貴重なテコンドー体験はこちら>>)。

そして第2回目の競技は『柔道』!
柔道体験のセッティング担当はもちろん夫です。笑

今回私は女子一人だったのと、まあ高校の時に授業で一通り教わったのとでカメラマンに専念させていただきました。
(ちょっとラッキーとか思ったり。笑)


前日に3日間のサウンドバックインストラクター研修を終えたばかりの、『ブログ集客コンサルタント』のうっちーこと内田さん。
体が硬い。笑
けど、剣道でインターハイに出場された事があるんだそうです。
27

元自衛官、少林寺五段、テコンドー8級に加え、柔道もされていた小幡さん。
に、高橋さんが「小幡さん、ほふく前進してくださいよ」と言い、なぜかほふく前進中の小幡さん。笑
34

ほふく前進って、段階によってやり方が違うって初めて知りました。笑

ちなみにみなさん、この日のために道衣を購入されたり、高校時代の道衣を引っ張り出してきたり、友人に借りたりとそれぞれに用意されたのですが…

「友人に借りてきた」とおっしゃった小幡さんのこの道衣、
01

完全に空手の道衣でした。笑
私も昔このメーカー使ってました。笑


なぜかほふく前進の真実を知ってしまった後、いよいよ柔道体験のスタートです。笑



今回講師をしていただいた一流の柔道家はこのお二方。
05

54

23


向かって右側、青い道衣の先生は平野幸秀先生。
57

え〜〜〜、ご覧のとおり強い方です。笑

▽こちら平野先生経歴です
  • 平野幸秀先生 柔道五段
  • 兵庫県警察柔道教師
  • 元全日本強化Aランク(-66kg以下級)
  • 1999年 全日本ジュニア体重別選手権大会 準優勝
  • 2003年 第27回講道館杯日本体重別選手権大会 第3位
  • 2004年 第28回講道館杯日本体重別選手権大会 第3位
  • 2002年 韓国国際大会 3位
  • 2005年 カザフスタン国際大会 準優勝
まー、ホンマに強いです。
残念ながらオリンピックには出場することができなかったそうですが、もし平野先生が出場されても戦績はほぼ変わらなかったであろう強さ。
数年前に現役を引退され、現在は兵庫県警察の柔道教師をされています。

そして向かって左側、白の道衣の先生は浦瀬泰司先生。
43

以前、『』の記事でちらりと登場されましたが、現役の柔道選手です。

▽こちら浦瀬先生経歴です
  • 浦瀬泰司先生 柔道五段
  • 兵庫県警察柔道教師(柔道特別訓練員コーチ)
  • 2003年 全日本学生柔道体重別選手権大会 第3位
  • 2012年 全国警察柔道大会 優勝
  • 2013年 全国警察柔道大会 準優勝
  • 2013年 国民体育大会 第5位
  • 2014年 ロシア警察軍隊国際柔道大会 準優勝
  • 2014年 全国警察柔道大会 第3位
  • 2015年 全国警察柔道大会 準優勝

はい、こちらも強いです。笑

私と同じ歳でいまだ現役選手とは、ホントにすごいと思います。


実はお二人ともまつむら鍼灸整骨院の患者さんでもあります。
47

そんなご縁もあって、今回は是非ともお願いします!と、平野先生、浦瀬先生に講師をお願いし、快く受けてくださいました。



お二人のご紹介の後は、まず平野先生から柔道の礼法から教わりました。
16

50

43

真剣にお話に耳を傾けるサウンドバックインストラクターのみなさん。
52

今回の参加者は高橋さんを除いて武道経験者です。

柔道の礼法をひととおり教わった後は、
09

改めて道場の正面に向いて礼をおこないます。
51

55

58

06

13

やはり武道はしっかりと礼をしなければ始まりませんね。

48

お次は平野先生から柔道の成り立ちなどのお話を聞かせていただきました。
31

21

ここで初めて知ったこと。

みなさん『柔道の正式名称』ってご存知でしょうか?

46-1

柔道の正式名称は『日本傳講道館柔道(にほんでんこうどうかんじゅうどう)』というそうです。

知らなかった〜〜〜!!

と驚きから始まり、みなさん真剣にお話を聞かれています。
40


09

33


現在、日本の柔道人口(全日本柔道連盟への登録者)は世界第3位なんだそうです。
46-2

柔道発祥の国なのに1位じゃないんですね。

柔道人口(各国の連盟加盟者数)第2位はフランスだそうです。
実のところフランスが1位だと思っていましたが…

では柔道人口第1位はというと…




なんとブラジルだそうです。




驚きとともに、やっぱり柔術の国なんだな〜と感心してしまいました。

12

柔道ってテレビでよく見るけど知らないことだらけ、ということを知りました。

43


へぇ〜、なお話を聞いた後はいよいよ体を動かしていきます。

平野先生から「現在、柔道を指導するにあたり一番気をつけなければならないと言われているんです」とのことで「安全管理」の一環として、『まず柔道に耐えられる体かどうか』を見極めることから始まりました。

方法は簡単。
こんな風に体育座りの形のまま膝の裏に手を入れて、後ろ向きにごろんと転がって頭を打たなければOKだそうです。
58-2


え?これだけ?

と思っちゃいますが、今の子供たちはこれに耐えられず頭を打ち付ける子もいるんだそうです。
そしてこのゆりかごポーズで頭を打ってしまう子は、柔道をするのも危険なのだそう。

そりゃそうですよね…


サウンドバックインストラクターの面々はもちろん大丈夫でしたが。笑
04

42

柔道をやっても大丈夫だということを確認した後は、まず受け身から教わります。

夫が「武道とかスポーツとかで“やられ方”から習うのは柔道だけや」とよく言ってますが、正しくその通りでした。

まずは『後方受身(後ろ受け身)』のやり方、フォームから。
22

24

25

30

31-1

31-3

これはみなさんなんなくできました。
そしてお次は『側方受身(横受け身)』。
こちらも膝などをケガをしないように正しいフォームから教わります。
45

丁寧にわかりやすく教えていただけるので、みなさんすぐに正しくできるように。
53

55

そして次は『前方受身』。
まずはお手本を見せていただきます。
31-1

31-2

32

ご覧のとおり、これはすぐにはちゃんとしたやり方でできるようになるのは難しいとのことで、座った状態からのやり方を教わります。
IMG_2611

IMG_2610

受け身の種類、やり方を教わった後は準備運動を通り越して…


ということでVol.2へ続きます…


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第2弾 〜柔道編〜 Vol.2
みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第2弾 〜柔道編〜 Vol.3
みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第2弾 〜柔道編〜 Vol.4
みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第2弾 〜柔道編〜 Vol.5
みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第2弾 〜柔道編〜 Vol.6
みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第2弾 〜柔道編〜 Vol.7
みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第2弾 〜柔道編〜 Vol.8(オマケ付)


みんなでオリンピックを見にいこう! オリンピック競技体験第1弾 〜テコンドー編〜 Vol.1

サウンドバック研修公式Webサイトはこちら>>
img_slider01