月別アーカイブ / 2018年07月

「純ちゃんに食べてもらうと、野菜を頑張って作ろうと思える」

今回の西日本豪雨災害で、私の故郷「愛媛」と私の第2の故郷「広島」が大変なことになっていました。


知り合いの生産者の畑はいくつも水没し、地元の友達からは泣きながら電話が毎日かかってきて。


農林水産物の被害額は先日2000億円を超えました。


でも私にできることはほとんどなく。
仕事も災害対応で忙しく過ぎる毎日。


そこで週末に、災害で全く売り物にならなくなった(けど食べられる)野菜を有料で送ってもらうことにしました。


傷んだ野菜を料理して、きれいに盛り付け、写真を撮って送ったら、この言葉。


以前も別の生産者さんに言われた言葉と一緒だな、と感慨深い気持ちになりました。

TKrKrmM4FL.jpg

さて、そんなしみじみとした話をするのは、本当は苦手なので、いつも通りレシピを紹介します。
(写真は、今回の話とは関係なく以前撮影したものです)

天ぷらていしょkM.jpg
夏野菜の天ぷら定食

・塩で食べるピーマン、かぼちゃ、紫じゃがいもの天ぷら
・削りかまぼこと黒七味で食べるいんげんの素揚げ
・プチトマトとおくらのごま和え
・きゅうりカニ味噌添え
・とろろ昆布とあられのお吸い物
・のりたまごはん

今回は、この中の「プチトマトとおくらのごま和え」のレシピを紹介します。

*************************************************************
-プチトマトとおくらのごま和えのレシピ
(材料)
・プチトマト … 5個
・オクラ … 1ネット(8本程度)
Aすりごま … 大さじ2
A砂糖 … 大さじ1/2
A醤油大さじ 1/2

(作り方)
①オクラをネットに入っているまま流水で洗ってうぶ毛をとります。
②オクラを沸騰したお湯で30秒茹でます。
③オクラを好きな大きさに切り、トマトを半分に切って、Aを合わせた和え衣で和えます。
IMG_0598kM.jpg
とっても簡単レシピです。オクラのごま和えはよくありますが、それにトマトを足すと意外に合うんです。

水分が多いから、ごま多めの方が美味しいです。
*************************************************************

人は何かを作るときに何を思いながら作るのでしょうか。

それは自分のことよりもそれを手にする誰かのことだと思います。


私にできることは、そんな人たちの思いをすくいあげること(と仕事を頑張ること)なんだな、
と改めて思いました。

1402215_493386094092010_446767683_o.jpg

写真は好きだった風景。広島県福山から望む山と海。


 『松本純子 食と農と妄想レシピ』


 
↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。





暑くて体もだるくなる休日の昼下がり。

ぬか漬け漬けてきました。
01S__12607515.jpg
私のお友達で発酵食スペシャリストの寺本りえ子さんのとってもおしゃれなキッチンで。
02S__12607510.jpg
特別にレッスン。
03S__12615683.jpg
使う食材は様々で。
04S__12607521.jpg
定番のにんじん、なす、きゅうり

変化球でオクラ、ズッキーニ、赤かぶ、れんこん、じゃがいも

意外なところで、アボカド、干しシイタケ、みょうが、カリフラワー。

わーい。とっても楽しい。ぬかのヌチャヌチャする感触も大好きでした。
05S__12615682.jpg
お友達のそのちゃんもご満悦で。
05S__12607509.jpg
さあ、いただきます!
07S__12607504.jpg
・・・って食べようとしたら、なんと、りえ子さんが・・
08S__12607493.jpg
い、いわし!?

そう。ぬか床はお魚も漬けることができるんです。
07S__12607492.jpg
焼くとぬかの香ばしい香りと魚のジューシーさで酵素玄米がぐいぐいすすみます。
贅沢な食卓。こんな朝ごはん毎日食べたい。

でも、ごはんも合うけど。日本酒も合うね。笑
09S__12607491.jpg
もちろん、ぬかを持ち帰りおうちでも漬けてます。

難しいイメージのぬか漬けですが、意外と簡単で、琺瑯の容器があれば気軽に漬けることができます。

ぬか床に入れた野菜は、水分が抜けることでぬかに含まれる栄養分を吸収し、生の野菜より栄養素が何倍にも増えるので、体にもよいですね。
10S__12607520.jpg
今度は何つけようかなぁ♪って、考えるのが楽しみです。


発酵食スペシャリスト / 寺本りえ子 ↓↓↓
<profile>
ピチカート・ファイヴの野宮真貴さんとOuiOui を結成 、スピッツやORIGINAL LOVEなど人気アーティストのコーラスを担当しながら、国内・海外を飛び回る経験を持つ。
その後、ケータリングやパーティ料理をプロデュースするフードコーディネーターの道へ。
現在は、地元宮崎県の野菜を広めるために『VEGEO VEGECO(ベジオベジコ)』のディレクターをはじめ、天王洲のスーホルム(アクタス)での毎月開催の「季節の手仕事」シリーズもプロデュース。ワークショップ、発酵食の普及やカフェのアドバイザー、商品開発や食育にも精力的に取り組み中。 著書「JOY OF AGING」(宝島社)。株式会社 アモローソ 代表。
食育アドバイザー、ホリスティックビューティアドバイザー、フレッシュスムージーアドバイザー他。
<参考URL> http://kipling.jp/magazine_mystory/2017/11/10/2538
<VEGEO VEGECO(ベジオベジコ)の宅配サイトVEGERY>http://vegeryorganics.com/
Twitter:
https://twitter.com/riecon/
 Facebook:
https://www.facebook.com/rieko.teramoto/


 『松本純子 食と農と妄想レシピ』

 
↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

こんばんは、八代亜紀です。

夏風邪をひきました。症状は治ってきたのですが、声だけがまだハスキーです。

薬をずっと飲んでるのになかなか治らないので、今日診療所にクレームを伝えに行ったら

「今年の喉からくる風邪は長引くので、あと一か月くらいは軽い咳が続くでしょう」と言われました。

一か月て。。。長いわ。

そんなことで、私が風邪をひいたときには必ず作ってしまう「たまご酒」を作り、しみじみと飲んでみました。
IMG_9828m.jpg

この縞々の柄の器。最近買ったお気に入り。
広島県、因島の陶芸家「吉野瞬」さんの作品です。
吉野瞬.jpg
LOVEなランチマットは Design producer(デザインプロデューサー)の mako こと右下 誠さん(→)の作品です。

たまご酒の作り方は以前のブログ→(風邪には「とろりんたまご酒」)の引用です。

IMG_5353K 
なぜかアクセス数の多いこのたまご酒のレシピ。

そのわけが分かりました。
「たまご酒」と検索サイトに入力するとすぐ出てくる「キナリノさんの記事」に転載されていました。

美味しい「卵酒」であったまろ♪基本の作り方と簡単アレンジレシピ | キナリノ
キナリノ.jpg

こんな風にブログって拡散されていくのですね。
では、レシピです。

****************************************

とろりんたまご酒
(材料)
卵 1個
砂糖 小さじ1
酒 150㏄

(作り方)
1.卵と砂糖をよく混ぜます。
IMG_5331
2.1を茶濾しで濾しながら、鍋に入れます。これで滑らかなたまご酒が期待できるのです。
  期待に胸が高まりますね。
IMG_5333
3.お酒を加えて、弱火にかけます。泡だて器で、温まるまでしつこく情熱的に。
  でも、泡泡にならないように、冷静と情熱の間くらいで、丁寧に混ぜて下さい。
IMG_5335
4.とろっとなるまで温めたら、できあがり。
IMG_5347
一般的には、お酒をぬるめの燗にしてからたまごに加える作り方が多いのですが、
とろっとなるたまご酒が好きな私は、このやり方でいつも作っています。

芯から温まるので、風邪なんて治っちゃう気がします。

お子さん用には、砂糖を小さじ2、酒の半量を牛乳にして、よくアルコールを飛ばして作って下さい。
ラム酒やブランデーを使って、エッグノック風にしてもよいですね。(作ったことないですけど)
エッグノック
夏風邪が流行ってるみたいなので、みなさんも気を付けて下さいね。 
IMG_9833m.jpg



 『松本純子 食と農と妄想レシピ』

 
↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

↑このページのトップへ