月別アーカイブ / 2016年08月

世界には、人の数だけ愛があって
01父野菜
とうもろこしには、ヒゲの数だけ粒があります。
02IMG_0253k
とうもろこしのヒゲは種子へとつながっているので、ヒゲの数だけとうもろこしの粒があるのです。
(お暇な方とネクラな方は数えてみて下さい。)

ちなみにうちの父は農薬を使わずに作っているので、とうもろこしに花粉がついてから袋をかぶせ、虫や鳥を避けながら作っているそうです。

「愛」ですね・・・

そんな愛のあるとうもろこしを使って、この時期に絶対食べて欲しいのはこれ
07IMG_0295m
「とうもろこしごはん」のレシピを紹介します♪
最後の黒コショウがあるのとないのでは大違い。とっても合うのです。

******************************
決め手は黒コショウで 愛のある「とうもろこしごはん」
(材料)
・米 … 2合
・とうもろこし … 2/3~1本
・塩 … 小さじ1
・酒 … 大さじ1/2
・黒コショウ … 適量

(作り方)
①とうもろこしを半分に切り、実をそぐように芯からはずします。米は洗って分量のお水で浸水させておきます。
②鍋に①と酒と塩を加えます。芯も上に乗せて炊くと、ほんのり甘いいい出汁が出るので不思議です。
03IMG_0269
③炊飯器で炊いてできあがり。
 (鍋の場合は、中火にかけて沸騰したら(塩をまんべんなくするため)少し混ぜて、蓋をして13分炊きます。その後10分蒸らします。)
05IMG_0286m
④お茶碗に持って、黒コショウを振っていただきます。
06IMG_0288
*****************************************
塩気に甘いとうもろこし、そして黒コショウでパンチを。
13IMG_0342m
愛用の猫の箸置き、そしてたまご焼きとお味噌汁で。
11IMG_0322m
この時期しか食べられないから、毎年楽しみに作っています。
09IMG_0307m
塩気と甘さとパンチの三重奏。決して甘いだけではない、この世界を表しているようで。笑
愛のあるとうろこしごはんを一粒ひとつぶ噛みしめよう。


↓ 友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪


築地で出会った極道の女。
じゃなくて極上の魚。
IMG_0403m
魚ぎょぎょっとするくらい、極上な魚。

でも極上に惚れたんやなくて、惚れた魚がたまたま極上だったんや。(映画:極上の魚たちより)

そんな惚れたはれた魚で煮魚を作ってみました。
IMG_0564m
あれ?この煮魚。色が薄くありませんか?

そう、醤油を入れていないのです。

極上な魚は濃い味付けはいらない。
お酒と塩、そして少しのエッセンスでいいのです。

では、作り方です♪
**************************************************
(材料)
キンキ … 大き目なら1尾、小さめなら2尾
豆腐 … 半丁
A酒 400cc
A塩 小さじ 1/2
Aみりん 大さじ1
A昆布 … 1枚
しょうが … 1かけ 
柚またはレモンの皮の千切り(またはすりおろし) … 適量

(作り方)
①フライパンに熱湯を沸かし、魚を入れ霜降りし、臭みをとって取り出します。生姜は皮を剥き、細い千切り(針生姜)にします。
②フライパンにAの調味料と生姜(皮の部分だけ)を入れ弱火にかけます。
IMG_0539
③②が沸騰してきたら、魚を入れ、クッキングペーパーなどで蓋をして、強火で5分煮ます。
IMG_0540
④適当な大きさに切った豆腐を加え、煮汁を回しかけながら、さっと煮ます。
⑤生姜の千切りと柚やレモンの皮の細切り(または)すりおろしをかけて出来上がり。
IMG_0558k
今回は、茹でたつるむらさきも添えてみました。
******************************************************
酒煮なので、やっぱり合わせたいのは、日本酒。
この時期は冷酒がいいですね。
IMG_0567m
魚自体が美味しすぎて思い切って醤油をなくした煮魚のレシピです。本当に美味しいです。
IMG_0573
はい、あ~ん♡(注意:妄想です)
針生姜と一緒に召し上がって下さい。おだしを含んだお豆腐も最高です。
IMG_0559m
極上な魚は惚れたら負けですよ。また市場に買いに行こう~♪


↓ 友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪


5時起きで築地に行って、美味しい食材を買ってきました。

今回の調達は、
・きんき
・ぎんぽ
・縁側ユッケ
・冷凍西京焼き(色んな種類の切り身が入っていて冷凍なので便利)
・紫蘇
・つるむらさき
・フルーツトマト


それらの中から何品かチョイスし、昼ごはんに天ぷら定食を作ってみました。
01ぎんぽ定食m

メインはぎんぽの天ぷら。

ぎんぽとは・・・・・・魚なんです。
IMG_0405
築地の場内市場では、処理のされた魚も多く、こんな風に捌いた状態で売っていました。

元はドジョウに似た体形で春から夏が旬。入荷量は非常に少ない高級魚。

高級な天ぷら専門店で出てきたりします。

一緒に紫蘇とつるむらさきも揚げちゃうことにしました。
IMG_0487m
ぎんぽはアナゴにも似ているので、アナゴの天ぷらみたいに長いまま揚げることにしました。ジュワー~♡
IMG_0408
今回は、市販の天ぷら粉を使いました。(だって優秀なんだもん。)

天ぷらを揚げるコツは、
①衣を作るとき、冷やした水に粉を入れること。(粉を先に入れてはいけません)
②衣をキンキンに冷やすこと(私は冷蔵庫で1回冷やします)
③油を多めで揚げること(少ないとべチャっとなります)

もちろん揚げたてを熱いままいただきます。今回は藻塩で。
02ぎんぽ定食m
本当にアナゴに似ていますが、味もそっくりでした。でもアナゴよりフワフワ。
04ぎんぽ定食m

こちらが、築地で売っている加工品の「黄金かれいの縁側ユッケ風」
IMG_0482
ごはんにとっても合います。縁側好きにはたまりません。
IMG_0477
最近買った猫の箸置きと一緒に。
03ぎんぽ定食m
猫ちゃん、こっちを向いててとっても可愛いです。

癒されます・・・。笑 お気に入り。


↓ 友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪




↑このページのトップへ