愛媛県喜多郡内子町に嫁ぎ、農業女子となった友人を訪ねてきました。

友人が住んでいるのは、内子の町から10kmほど麓川をさかのぼったところにある人口約350人の石畳地区
01
昔はず~っと愛媛に住んでいたはずなのに、ここに来たのは初めて。

▼石畳への道中 あまりに美しすぎて驚愕した「屋根付き橋」
02
▼こちらが、農業女子の河野 優さん。
65歳以上の高齢化率は現在46%という石畳地区では大歓迎だったことでしょう。
03
▼しっとりとした深みのある橋に、穏やかな緑。季節の花のコントラストが綺麗です。
04
▼お昼ごはんはこちらで、そば処石畳むら。 春はしだれ桜、秋はそばの花を眺めることができます。
05
▼そばはもちろん美味しい!さらにかき揚げがサックサク!
06

▼美しい景観。弓削神社
07
▼みきゃんちゃんも癒される場所みたいです。
08

▼途中からアテンドに加わって下さった内子町役場の山田くん。爽やかなイケメンです。そして説明が上手!彼の熱く丁寧な説明は内子への愛を感じました。
IMG_9236
▼田園風景。棚田が続きます。
09
▼昔は盛んだった葉たばこの生産。今も数か所のたばこ畑が広がります。
IMG_9210
かわじの湧水。冷たい水が心地よく、さらさらと流れています。
10
▼フォトジェニックな落ちたスモモ
11
▼フォトジェニックな郵便ポスト
12
▼とっても雰囲気のある宿「石畳の宿」
IMG_9427
▼宿の見学中にさらに内子町役場の男性が合流。内子町役場にはイケメンしかいないのか・・・(羨)
 そして宿の内観の写真を撮り忘れる。
IMG_9417

▼私の一番のお気に入り写真。「石畳を思う会」が中心となって1990年に作られた水車。
13
▼ごっとんごっとんと、ゆっくりと精米しながら作られる「水車米」が作られます。
IMG_9444
▼水車を見てみきゃんちゃんも喜んでます。
14
畑にもお邪魔してみました。手慣れた様子で野菜を収穫。
15
▼採れたて新鮮野菜たち
16
▼椎茸の榾木を愛しむ農業女子。原木椎茸はほとんどが干しシイタケ用に栽培されているそうです。
17
▼椎茸の他に盛んな農作物がこちらの「栗」
IMG_9357

▼最後に!栗畑で作業中の優ちゃんの旦那様。内子町主催のイベントで見事カップルになり、結婚されたそうです。ふたりの間にはハートしか見えません・・・
18
古くからあるものを大事に思う石畳の人々。
そのよさを保ったまま、新たに再構築することで、新鮮で価値があるものへと変貌させる。

04
その思いと農業を育む自然が見事に調和した、まさに本物の日本がある町。

地方にしかできない革新の力を感じた1日でした。
IMG_9163
内子町の石畳地区。これからまたどんな風に変わるかな?また来よう!


↓ 2016.5.14から友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたらポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪