月別アーカイブ / 2016年07月

料理の撮影をするのは、もちろん昼間がベスト。
なぜなら、自然光に勝るライトアップなどないからです。

でも、まつ純は昼間はバリバリ働くキャリアウーマンなわけで。
晩ごはんが一番ゆっくり作れる時間帯なわけで。
(口調が「北の国から」の純みたいになってきたわけで・・・)


そんなわけで、晩ごはんに「谷中生姜の豚肉巻き」を作ってみました。葉生姜3m
やっぱり晩の料理撮影は光が少ないので、撮影が満足なりませんー。くー。

さて、谷中生姜とは葉生姜の品種のひとつなのですが「葉生姜といえば谷中生姜!」といっても過言ではない程、多く流通しています。
pl-2014209543539m
一般の生姜と比べて、辛みが少なく、柔らかいので、ぜひそのまま食べれる料理に使うのがおすすめ。

やっぱり関東に来たからには、食べたかった谷中生姜。
こっちだとこの時期はスーパーで結構売ってます♪
(愛媛や広島に住んでいたころはほとんんどお目にかかれなかった)

ビジュアルが可愛いので、茎を残したまま豚肉でくるくると巻いて焼いて、お味噌をつけて食べます。

簡単すぎるレシピを紹介します♪

***************************************
谷中生姜(葉生姜)の豚肉巻き

(材料)
谷中生姜(葉生姜) … 6本
豚薄切り肉 … 6枚程度
塩コショウ … 少々
油 … 適量
酒 … 大さじ1
お好きな味噌 … 適量

(作り方)
①葉生姜は1本ずつになるように切り、薄皮をそぎ取っておきます。
②豚薄切り肉を広げ塩コショウし、谷中生姜を置いて豚肉でくるくると巻いていきます。
③フライパンに油を熱し、巻き終わりを下にした②を並べ転がしながら焼き、酒を加えて蓋をして蒸します。
④お皿に盛り付けて、お好きな味噌をつけていただきます。
葉生姜k
***************************************
番外編で、谷中生姜をマドラーにしたみかん酒も作ってみました。みかん酒kkm
ジンジャエールのような香りで美味しい。

生姜は連作障害が出やすいのである程度の土地がないといいものが作れません。

そんなわけで、生姜の畑に思いを馳せながら…いただきます♪


↓ 友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪



先日「さくらんぼの転がし方がうまいね」と何人かの方に褒めていただきましたので、
調子に乗って、色んな品種のさくらんぼを転がしてみることにしました。

どの品種が上手に転がっているか、見て下さいね。

さくらんぼの転がし方選手権~♪(無理やりすぎる)

エントリー№1「高砂」
収穫時期 6月中旬

IMG_8793m
甘酸っぱくて爽やかな食感。見かけと違って大きな種にギャップ萌えな「高砂」
IMG_8800m

エントリー№2「佐藤錦」
収穫時期 6月中旬~7月初旬

IMG_8786m
甘く、果実がやわらかい。さくらんぼの王者気取りのドヤ顔な「佐藤錦」
IMG_8784m

エントリー№3「紅秀峰」
収穫時期 7月初旬~下旬
さくらんぼm
食べごたえがあって、大粒で甘い。さくらんぼリレー有終の美!頼みの綱の「紅秀峰」
IMG_7661m

どの転がし方がお好きでしたか?(私は紅秀峰が好き)

さくらんぼは、品種によっては旬が2週間と短いために、生産者は色んな品種を育てながら収穫時期をずらして工夫しています。6月のイメージが強いさくらんぼですが、こうして、今7月中旬でも食べられる品種があるんですね。

▼ヴィタメールのチョコレートに添えてみました。
IMG_7932m
贅沢なおやつです。フルーツとチョコレートはとっても合います。

▼前回記事のレシピ意外と合う♡「さくらんぼ&トマトモッツァレラ」のレシピ
IMG_9911m

残り少ないさくらんぼの旬ですが、色んな味わい方で楽しんで下さい。


↓ 友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪




愛媛県西条市の農園に行って参りました!

一緒に行ったのは、私の愛媛勤務時代の大変お世話になった尊敬する上司(写真左)とその仲間達。
IMG_9753
訪れた農園は、同じく愛媛勤務時代の元職場の上司がやっている農園鎌田農園です。
IMG_9668
▼こちらが、鎌田農園の鎌田竹広さん。昔から全く変わってないです。声の大きさも健在でした。
IMG_9689
愛媛県西条市は「名水百選」にも選ばれた美味しい水がある地域で有名です。
IMG_9705
野菜の成長には水は不可欠ですが、実は味や栄養にも「水」は深く係わっています。
IMG_9648
清流の地、西条の水でスクスクと育った野菜たち。
IMG_9654
見てください!このピーマン!!つやっつや!!!!(惚)
IMG_9694
味が濃くて栄養満点。肉厚なので日持ちがするのも特徴です。
(惚れてまうやろ)

IMG_9697
こちらも案内してくれました。ビニールハウスの骨組みにツルを這わせ、空中で実を栽培させる「天空かぼちゃ」
IMG_9727
かぼちゃが空を飛ぶ~!!メルヘンです。
▼同行したシニア野菜ソムリエ花井綾美氏 超魔術でかぼちゃを浮かせているようです。
IMG_9722

この天空栽培のメリットは、
①腰をかがめずに収穫できる
②土に這わないので、変形が少ない
③風通しがよいので、病気にかかりにくい
④日がよく当たるので変色が少ない
⑤品質のばらつきがない
などなど。メルヘンなだけじゃなかったのですね。
IMG_9729
収穫の時期が楽しみです♪

ちなみに、気になる鎌田農園のHPはこちら(写真をクリックするとHPへジャンプします)
名称未設定 3

収穫した肉厚ピーマンで「ピーマンの肉詰め」を作ってみました。
IMG_9873
これ、本当に美味しかった・・・(レシピはまた今度)
IMG_9661
鎌田さん、本当にありがとうございました!これからも愛情いっぱいの野菜作って下さいね!
鎌田農園


↓ 友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪



↑このページのトップへ