あの子もこの子も大好きすぎて・・・

気づいたら7股してました。
IMG_7606M.jpg
すべて、愛用中のみりんです。

しいて言うなら 
みりん、ラブリン♪
て感じです。(←片岡愛之助さんに謝って)

左から、
①樽貯蔵本みりん まろりか(九重味淋)
②純三河本みりん(九重味淋)
③三州三河みりん(角谷文治郎商店)
④古式三河仕込 愛桜 純米本みりん1年熟成(杉浦味淋)
⑤古式三河仕込 愛桜 純米本みりん3年熟成(杉浦味淋)
⑥黒みりん(甘強酒造)
⑦本みりん(甘強酒造)

どのみりんも、それぞれに味わいや風味が違い、用途によって「コクを出すため、味に深みを出すため、大量に使うため、デザートに使うため、ロックで飲むため」など使い分けています。

ちなみに、醤油は今は7種類使い分けています(くどいので載せませんが)

上記のみりんは、すべて愛知県のもの
みりん、醤油、酒、味噌などの醸造文化を知るには愛知県は最高の場所なのです。

ということで・・・

伝統製法を守り続ける愛知の醸造蔵へ
うま味を探す旅に行ってきました。

IMG_6592.JPG
写真:角谷文治郎商店

醸造蔵めぐりスケジュール
(1日目)
・ 愛桜 三河みりん 【杉浦味淋株式会社】(愛知県碧南市)見学
・ 三州三河みりん【(株)角谷文治郎商店】(愛知県碧南市)見学
わっぱ堂でランチ
・ しろたまり【日東醸造株式会社】(愛知県碧南市)見学
小伴天はなれ 日本料理「一灯」で晩ごはん

(2日目)
・ 日本酒 白老澤田酒造(愛知県常滑市)見学
常滑屋でランチ
・ 本みりん甘強酒造(愛知県海部郡蟹江町)見学
キクヤ(名古屋駅周辺)でしろたまり焼きそば&どて煮

色々と伝えたいことが山ほどあるのですが・・・
とりあえず1分間の動画にまとめてみました。
ご覧ください。


愛知県には「醸造」の文化が豊かにそして深く暖かく受け継がれていました。
YxFoEmnnjJ.jpg
ご案内してくださった蔵の皆様が本当に素敵すぎました。

みなさん共通して言えるのが、自分の蔵のことだけを考えていないということ。
時代が変わる中、伝統文化をみんなで守っていこうという強い意志を感じました。
今後、お料理のレシピなどとともに個々のみりんや醤油をご紹介できればと思います。

また、蔵をご紹介下さったこまきしょくどうの藤井小牧小牧さん、この場をお借りして感謝申し上げます。

「和食のうま味は醸造にあり」

7股が今後は10股くらいになってしまいそうです・・・笑


↓ 友だち追加でブログの情報をお知らせします。
友だち追加



↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。