栃木県の梨農家「阿部梨園」に行って参りました!

IMG_0915
今回の農場訪問に至った経緯は、

①タケイファームの武井敏信さんのご紹介で、山下農園の山下朝史さんを紹介いただき、
②山下さんの紹介でハート&ベリーの野口圭吾さんを紹介いただき(ブログはこちら
③野口さんの紹介で阿部梨園の阿部さんを紹介いただきました。

 

まさに農業界の食物連鎖です。(違うか)

 

農園全体が本当に和やかな雰囲気。
IMG_0709
1年でも今が繁忙の時期で、本来は作業に追われているのが普通ですが、

そう思わせないところが、阿部農園らしさ。

▼こちらが代表の阿部英生さん。

 IMG_0850K
「おこっても人は成長しないですからね。
 というより自分より優秀な人材がいて焦るくらいですよ。」

ニコニコしながら阿部代表は語ります。

 

 ◆秘訣1◆ 見極めて採る!樹上完熟
さっそく収穫作業へ。
IMG_0842
阿部農園の収穫の特徴は、完熟の状態になってはじめて収穫をする「樹上完熟」。

そのためには、美味しさのピークである梨を見極めることが一番重要。IMG_0888

梨を見る目は真剣です。
IMG_0902
収穫後、すぐに発送作業に移れるよう、流れ作業が進みます。
IMG_0919

◆秘訣2◆ 家業を事業に。経営改善のキーマンを起用!
経営改善の司令塔として昨年からマネージャーを起用!
▼こちらが、その佐川友彦さん。

IMG_0964
なんと彼、農業を手伝っているのにまったく畑作業をしません。
その代わり、畑作業以外の全てのことを網羅しています。

経営管理、企画、営業、プロモーション、デザイン、システム、事務(経理、人事、労務、税務、購買、文書管理、、、)、なんでもやる男なんです。

そんな彼が言った言葉が印象的でした。「阿部さんのことを信頼しています」
ふたりの間には、しっかりとした絆が感じられました。

 

◆秘訣3◆ キュートすぎるデザインのロゴ&パッケージ
実は、ここの梨!パッケージがとってもキュートなんです。

▼例えば、こんな風にケーキ箱に入った形で送られてきたり。

DSC_8946-compressor-1024x683

送る側も受け取る側も、絶対に幸せになること間違いなし。
その努力もあり、5年連続栃木県内のゆうパック発送件数第1位の実績があるそうです。

  
◆秘訣4◆ 守りながら変えていく
IMG_0872
40年続く農家の3代目である阿部さんが生み出したフレーズ、それは

「守りながら 変えていく」ということ。


「父が築いた技術や栽培方法を守りながら、組織作りや工程の見直しなどを行い、

販売方法も創意工夫しています。」と。
IMG_0949
お父様の代から続いている梨づくり、その受け継いだ農法を尊重しながら、新たな販売戦略で進化している。ロゴを斬新に、パッケージも可愛く、従来の梨の売り方とは違う包みで売り出すなど。

伝統を守りながら、その守り方を変えているのです。
IMG_0777
魅力いっぱいの阿部梨園で笑いあう私と阿部さん。

▼こちらは、ご一緒した、野菜ジャーナリスト篠原さん。(写真をクリックすると篠原さんのHPへジャンプします)
IMG_0804
篠原さんは、梨が大好き過ぎて、野菜ソムリエの講座で梨のことを熱く語っていた、その受講生が阿部さんだったとか。出会いって不思議ですね。


IMG_0837
今回は、8月末だったので幸水の時期だったのですが、これから、豊水、あきづき、にっこりなどポピュラーな品種を中心に生産がされ、南水、かおり、洋梨などめずらしい品種も作っているそうです。
▼品種ごとの収穫時期 HPより引用
web_seasons_2016

にっこりは、お正月まで楽しめる品種と言われていますので、これから4カ月続く梨のリレーを堪能してくださいね。
IMG_1561M

-『阿部梨園』
栃木県宇都宮市下荒針町3409
http://abe-nashien.com/

↓ 友だち追加はじめました!ブログの情報をお知らせします。
  友だち追加数

↓ランキングに参加しています。少しでも参考になりましたら「レシピブログ」の部分をポチっとお願いします。

レシピブログに参加中♪