月別アーカイブ / 2022年10月



『fish  or  chicken?』(・д・`*)

『fish  or  chicken?』(・д・`*)



………(´-ω-`)


機内食かよ(-∀-`; )
(笑)(笑)

間違えました


『trick  or  treat?』
(トリック オア トリート)


ですな…(´-ω-`)



意味は
『お嬢ちゃん、お菓子あげるから、アッチでイタズラさせて(;´Д`)ハァハァ』


………(´-ω-`)


完全にHALLOWEENの変質者のカボチャじじいに
成り下がっとるやないかいっ!!
ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ

(笑)(笑)



そんなふざけ気味な
マタギのHALLOWEEN🎃

ささやかではございますが
皆様に動画を観て
楽しんでいただきたく

ご用意いたしました(*´-`)



曲は
大好きな芽衣子姐さん(梶芽衣子さん)の
『別にどうって事でもないし』

人生なんちゃらあるかもしれませんが
『別にどうって事でもないし~』♪~(´ε` )
そんな風に言い放って
強くポジティブに生きていく

この間の
入院する自分への応援歌であり

皆様
それぞれへの応援歌にでもなれば…と(●´ω`●)





歌詞↓


Bonjour
mademoiselle matagi(*´ェ`*)



まるで
ヨーロッパの見知らぬ街に

迷い込んだかのよう…(●´Д`●)





特徴的な窓枠が並ぶ



その名も
Appartement K



Appartement(アパルトマン)
フランス語で
アパートを指す…



築50年以上の現役アパートは


幼き頃から目にした
当たり前の風景




優しい色合いの外壁に合う
山吹色の花達が



雰囲気抜群の
出入口へといざなう…




いつもは自転車で
さっと通り過ぎてしまうけれど


歩いて通るのだもの
マタギにその姿を撮らせてよK…(●´Д`●)




ゆっくり歩けば

花達への小さな訪問者も
目にとまる…



控え目な姿の
       セセリチョウ



一心に蜜を吸う姿に
惹かれて


マタギも一心に
スマホを傾ける…





ゆったりと
贅沢な時を感じながらの買い物




けれど
あんまり長い時間出過ぎたのか…

………(´-ω-`)


一昨日、昨日と
熱だして
寝込む羽目になるというね…(-∀-`; )

ちょっとまだ早過ぎたみたい…
家事は控え目にして

大人しくしときます…(´ε`;)





皆様
ご連絡遅れましたが

昨日、無事に
退院してまいりましたヽ(=´▽`=)ノ



応援コメント
くださった皆様

また、な~んか
悪させんか(-∀-`; )と
ご心配くださった皆様

本当に
ありがとうございました(。-人-。)



いやぁ…

不安だの恐怖だの
なんだかんだいいながら
ちょうど一週間
意外と充実(?)した
入院ライフが送れました(*´-`)


え~
今回やりました手術はですね
子宮筋腫、腹腔鏡下術といいます

ヘソの穴と
下腹、左右中央の3か所に穴を開け
そこからカメラや器具を入れて
手術を施すというもの…

マタギの場合はですね
卵巣部分だけ残し
子宮と卵管を摘出いたしました


まずヘソの穴からカメラ
他の穴から器具を入れてですね

チョキン(✂^ω^)✂╰U╯

と、子宮を切り離します

そして体内に袋を入れますと
切り離した子宮を
その袋に収め

その袋の中で子宮と、筋腫を
出しやすい様に細かく砕き…

そして、左腹部に開けた一番大きな穴から取り出してくるんですね…(大きい穴といっても3cm程ですね)

膣から出してくる…という方法もあるらしいですが
このマタギは出産経験がないため
子宮口が硬く取り出しにくいかも…との事で
この方法でした

筋腫の一部が腸と癒着…
腸を傷つけない様、剥がすのに時間がかかったとの事

5時間だったそうです

このマタギはグースカ寝てたので知る由もありませんが…(-∀-`; )

待合室で待っていた両親には
心配かけました(-∀-`; )サーセン



お、そうそう
ここで
グースカ寝ていた麻酔の話(*´-`)

今回の手術で
ほんま恐怖に感じていた麻酔…(-∀-`; )


いやぁ~(*・`o´・*)ホー
後の手術がなければ
こりゃ何度でも経験したいシーンでしたね!麻酔!!


手術室
一言でいうと

『ここは天国??』(-ω- ?)

な、空間

麻酔科の医師?看護師さん?
二人はまるで天使の様な可愛さ!(*>ω<*)
和やかな雰囲気*。・+(人*´∀`)+・。*

別に恐怖のあまり
おっちんで(死んで)天国へやってきたと勘違いしたわけやないよ?(-∀-`; )


自動ドアの向こうがですね
まるで異空間だったわけですよ!
広い部屋の中央に細いベッドがひとつ
もちろん
テレビドラマで観るような
照明器具は上で構えとります…

う~ん
別の表現でいうと

『宇宙船の中??』(-ω- ?)

な、空間

麻酔科の綺麗どころ二人が
今度は
美人星の宇宙人ギャルに見えてくるから不思議だ…(-∀-`; )


とにかくあまりの異空間に
気持ちは落ち着き

ベッドへ寝かされると
なんと美人星のギャルは
酸素マスクを口に充てるのではなく
マタギの顔から20センチ程離した位置で
持っていてくれた…

美人星のギャルは言う…
『この位置なら
       大丈夫ですか?』(о´∀`о)


そう…
口や首周りにコードが当たったりして
えずくのが不安だと
マタギは当初麻酔科医師に話していた

それに配慮した
酸素マスクの位置…

そして心電図を貼る時も
『ここに貼っても大丈夫ですか??』
と、声かけをしながら準備をすすめてくださる…


(*´;ェ;`*)ウゥ


このマタギ
どれだけ感激したか…


そんな幸せな気持ちになりながら
いよいよ麻酔の点滴が打たれ
体内に流れてゆく…

最初は…
5秒から10秒くらい…

ん…(-ω- ?)

何も感じなかったが
次の瞬間…
意識はあるのだが
全身にズシリ…と重みを感じ

それから約5秒後に
意識は途絶えた…


眠いとか

薄れていくとか

そういうのではなく
突然的な感じ?

録画していた動画が
そこで突然終わった…
ような感覚

次に声が聞こえた時は
手術が終わっていたんだろうね

『マタギ、よう頑張ったね!』
『よう頑張ったね!』

母親の声
意識はあるのに目が開かない…

必死で左手でピースサインを作って見せる…

そしてそれから一時間後の15時だったなぁ
病室で看護師さんの声で気がついたのは…


あぁ…終わったんだ…

安堵(*´-`)

足元では
プースカプースカと器具が動く…


これ、
術後ベッドで動けない時に
エコノミークラス症候群になるのを防ぐ為の器具だそうです
軽めのマッサージをしてくれてんだね

まぁ今回の入院で
ベッド安静時が一番大変でしたが…(-∀-`; )


こうやって
無事退院してきたわけですね(*´-`)


あとは徐々に回復していくと…




院内ウロウロしたり
入院ライフ満喫




まぁ帰ってきた今も
少~し
痛みはありますが…


リハビリがてら
少しずつ家事をしたりしながら
過ごしておりますよ(*´-`)




………(´-ω-`)

皆さん
何か気づきませんでした??



マタギもたま~には
まともにブログが書けるんですね…

(笑)(笑)


これからも
またよろしくお願いいたします~(*´・ω-)b





↑このページのトップへ