昨年飼っていたカブトムシが産んだ卵から育った1匹が無事に羽化まで辿り着き土の中から出てきてくれました。

ずっと会いたかったよー
ひゃーっっ感激ー😂


※以下、幼虫などの画像が
あります。苦手な方はスルーで※




昨年はオスメスを飼ってたのだけど見る限りでは
交尾をしている気配がなく…
卵は産んでないだろうなと諦めモード

もう人間だって相性があるわけだからしゃあないって大切に飼ってたわよ。

夏の終わりにお亡くなりになってさ、
そのあとは寂しくて冬前までゲージを放置してたんだけど、いい加減片付けなくちゃなぁと思い、
外で土をザーッと出し始めた矢先に息子が見つけてくれた3匹の幼虫達


あら、卵、産んでたのねー😂(嬉)





その後は戻しておいたらいつの間にか
1匹がお亡くなりになっていて
2匹になってました😢
(なぜかは不明…おそらくですが成長過程でかな…。個体は見つけられなかったから土の中で分解されていた模様😔)




で、そのうちの1匹はこのように見えるところに
蛹室を作ってくれて観察を楽しませていただきました。
蛹室におさまる幼虫ちゃん





わかりにくいけど蛹になったところ
つるん!っていう箇所ね…わ、わかる??🤣



蛹になって3日目くらいのとき
ツノが見えないからメスだと思っていた。
カブミと名付けて愛でておりましたw




そして肝心の羽化シーンは…
見逃したんだよねー
_:(´ཀ`」 ∠):
ツメがあまいマスダである。



カブトムシを幼虫から育ててみて知ったこと
・2回ほど土を変えるだけでよくほぼ放置でいいので手間が少ない
・蛹を経て成虫になること完全変態といい、
蛹の期間がなく成虫になることを不完全変態というということ。
・蛹も意外とぐいんぐいん動く。
・蛹の中身は最初はドロドロ。蛹の形に合わせてドロドロが徐々に固まっていくらしいということ。神秘!
・カブトムシは羽化をしても内蔵系の機能が未熟で1週間程度は土の中にいてじっとしているということ(それを知らずに掘り起こして触るのはNG)内臓系の機能が整ったら自然と出てくるし
それまでは餌もいらない。
・土の中から出てきても生殖機能はまだ未熟で餌を食べ始めてかり1週間くらい経つと生殖機能が整う模様ということ
・成体になったら大きさについては一切成長しないということ※大きい個体にしたい場合は幼虫の時のエサが鍵らしい!!




この子も羽化してから9日くらいは
じーっと蛹室の中にいたよ。
死んでるんじゃないかと思うくらいあまり動かないので心配になりつつ…ねw
羽化不全でもなく無事に元気な姿を見せてくれてありがとう😂🙏

ツノはちいさめ❤️


カブオ君と名付け直しましたw



途中1匹がお亡くなりになっていてかなり落ち込んだこともありましたが
こうして大人になった元幼虫くんの姿を見たら
もう涙が出るくらい嬉しかったよ😂
無事にあえて本当に良かったよ


もちのろんだけど…大切に育てますよ💪
亡くなった先代、幼虫ちゃんに注げなかった分の愛情も上乗せして…(重めww)

おいおいはこの子のパートナーも見つけに行きたい。ペアリング!!!


さて、残るもう一匹の今年一番会いたい子その2は見えないところで蛹室を作っていたと思われるため今もまだ見当たらないけど…
元気で会えるその日を願い…


終わります!!!

カブトムシライフ2年目のダイエッターマスダでした。
カブオを肩に乗せて筋トレをしたいなぁ
…w




mass's Instagram