月別アーカイブ / 2018年01月



『誰も信じられない』
 
『信頼されていないような気がするんです』
 
 
ということをたまにお聞きします

 
ZYBDsVI29h.jpg
 

そのほとんどは
 
 

まず
 
『自分を信じていますか?』
 
 

そして
 
『人を信じていますか?』
 
 
 
 
 
自分の心が
 
人にも投影されます
 
 
TQH12iER_s.jpg
 

 
自分が相手を信じていれば
 
相手も自分を信じてくれるようになります
 
  
 
 
そしてなにより
 
 
自分が自分を信じていたら
 
そんなこと気にしなくなります
 

気にしない
 
気にしない〜
 

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0633.JPG
 

誰かを信じなければ
信頼されない

信じる人の数だけ
信頼は増える


  
この復活祭の時
 
自然と涙が溢れていた
 
FF7GC98qpH.jpg

 
私が満尾さん(みっちー)を
知ったのは
 
友人(藤川佳さん)のSNSでの
投稿から
 
 

佳さんからみっちーの病気のことを聞いた
 
 
 
ある日突然
白血病宣告され
その日から入院
 
 
病室から闘病ながらも
SNSでの投稿をされていて
 
多くの人に勇気を与えるその姿に
感動して
 
すぐに鹿児島に会いに行ったのだ
 
 
RMsP5NoQip.jpg

 
この時、たしか持っていったものは
 
毛布と、星が部屋で見れる機械(プラネタリウムのような)
 
だったかな。。
 
 
毛布は
みんなの温もりだと思って使って欲しかった。
 
プラネタリウムは
みっちーの息子さんの名前が
『りゅうせい』だったのと、
病室からは星空が見えないと思ったから。
 
 
 
みっちーは
『ありがとう』と言われることが
生きる強さになると言ってた。
 
 
みっちーと社会との接点は
 
FacebookなどのSNSだった。
 
 
闘病生活で大変なのに
毎日毎日
強く生きる姿を
発信していた。
 
 
その勇気を与える投稿に
多くの方が魅了され
勇気を与えてくれていた。
 
 
 
そんなみっちーの闘病生活は
過酷なものだった。
 
 

再発し
 
骨髄移植までも。
 
  
私に出来ることは
ほとんどなかったが
 
そんな大事な時に
近くで応援することだけだった。
 
 
みんなでヒーリング
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0713.JPG


 一緒に
筥崎宮にお祈りを
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0710.JPG

 

移植直前に送った動画

 

病院の駐車場から

ibNPkV1c5x.jpg

 
みっちーからの返信動画
 
 
 
 
 

 
幾度となく
 
みっちーに押し寄せる
 
正念場に
 
 
時には
 
目を伏せてしまう自分もいた
 
 
ただ
 
ただ
 
 
祈ることしかできなかった
 
 
 
そんなみっちーが
 
骨髄移植を乗り越えて
 
家族とまた時間を過ごすことができるようになって
 
復活祭をした時には
 
それは言葉なく泣いてしまいます。。
 
 
 

遠くから2人の笑顔を見ていると
 
心から嬉しかった
 
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0715.JPG
 
そんな
 
みっちー
 
 
この後も
 
様々な症状に直面しているが
 
すべて乗り越えてきている。

 
 
みっちーは
 
闘病中から
 
この乗り越え方を
 
『いつか本にしたい』と
 
言い続けてきた。
 
 
 
おそらくそれが
 
乗り越えるモチベーションの一つになっていたと思う。
 
 
もちろん最大のパワーは
愛する息子と奥さん、家族など
大切な人の存在
 
 

そんなみっちーが
 
癌や白血病との闘病と
 
それを乗り越える方法を
 
ついに、
 
本にしようとしている。
 
 
この本は
 
多くの人に勇気を与えるでしょう。
 
 
本をカタチにするにも
 
お金がかかります。
 
 
そこで
クラウドファンディングというカタチを
とっています。
 
 

みなさんの大切な人を守るためにも
闘病中の方にも
読んでいただきたいものです。
 

ぜひ応援お願い致します!!
 
↓   ↓   ↓
 

 


 
そういえば昨日
夢の中で初めて身体が浮きました!!

なにやら、部屋に入ったのです。
 
部屋にはベッド?のようなところがあって、
衣が置いてありました。
 
その瞬間になぜだか、
『空海さんだ!』
 
と直感で思ったのです。

 
すると
 
自分の身体が浮き出して
しかも、それをコントロールできたのです。
 
 
だから
部屋をぐるっと浮きながら回っていたら
 
少し上の方に空海がいることがわかって、
そこまで上昇して
こちらを見つめる空海さんと対峙しました。
 
 
会話はなかったのですが
 
じーーっと見る目が
 
温かさと厳しさを兼ね備えていて
 
そのままゆっくり
自分が空海さんから後ろに離れ、、、
 
そこで目覚めました。
 
  
 
初めて、
夢の中ではありますが
リアルに身体が浮いてる感覚を体感出来て
びっくりしました(^^)
 
 
なんのメッセージだったんだろう。
 
 
映画を観ろということだろうか?(笑)
 
 
_7Kbzd1qhl.jpg


↑このページのトップへ