この世で不必要に感じるものはたくさんあります。

例えば、そろばん。

電卓の登場、今や携帯電話に電卓の機能が搭載されており、そろばんを鞄に入れて持ち歩く人はなかなかいません。
(クラッチバッグやサコッシュからそろばんが出てくるのは、それはそれで面白いんですけど。)

しかし、そろばんにもいいところはありますよね。

脳が活性化されたり、集中力がつけれたり。

何より、日常でパパッと暗算できるのはカッコいいです。

このように、一見不必要に思えるものでも「ええやん?」となる部分があるのです。

しかし、しかしです。

この世で本当に不必要なもの、ありました。

自販機の当たり機能です。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7268.JPG
みなさん、自販機の当たり機能で当たったことがありますか?

僕はありません。

当たらなさすぎて、ルーレットが終わる前にその場から立ち去る始末です。

その上、7・7・7・8などと粋な演出までしやがります。

奇跡中の奇跡が起きて、当たったとしましょう。

もう一本出てきやがります。

僕たちが欲しいのは、駅や街中で喉を潤す程度の飲料。

スポーツをする時のように、がぶ飲み!!もう一本!!とかじゃないのです。

もう一本出てきたところで、一緒にいる友達にあげるか、鞄の中でぬる〜くなるだけなのです。

やめましょう。
ルーレットが始まってからその場を立ち去りつつも、微かな希望からついついルーレットのほうに振り返ってしまうのも恥ずかしいので、やめましょう。

当たらないんだから。

あと、不必要なものといえば、

コンビニやスーパー、飲食店の店員に悪態つくジジババ、あれも不必要なんで、
やめましょう。

無意識って、怖いですよね。

先日、家の鍵を落とすという大バカをやらかしました。

その日、家を出た時はテスト勉強のために書き殴ったノートを見ていたので、
鍵をかけた記憶、どこかにしまった記憶、全くないんですよね。

完全に鍵をかけるという行為を無意識にしてるせいです。

そんな大事なこと、無意識になるんか?
と思われるかもしれませんが、

では、皆さんは最近大便をどこでしたか、いつしたか覚えているでしょうか。

恐らく、覚えてないでしょう。

スマホをいじりながら大便をするからです。無意識大便なのです。

僕は下痢症で、トイレに行くまでが命がけなのでとても鮮明に覚えています。

最近では、今日の夕方に阪急南方駅のトイレに駆け込みました。
お腹が痛すぎて途中下車しました。
(俗に言う「ブリリ途中下車」)

話が逸れましたが、みなさんも排便という人にとって重要なことを無意識にしちゃってますよね〜って話です。

ちなみに、鍵を無意識にかけていることより怖かった無意識は、

鍵がなくて家に入れないとわかった瞬間帰りに買った箱アイス5本入りのうち4本を食べたことです。

もったいなさから気づいたら寒空の下アイスを頬張っていました。

多分腹壊した原因それだ。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7259.JPG(購入後、冷凍庫に入らずに残り1本になったアイスくん)

※鍵は一応なんとかなってます

突然ですが、LINEブログというもの始めてみました。

実は僕、中学生、高校生の頃「ARuFaの日記」というブログのARuFaさんに憧れておりまして、Amebaでブログを書いておりました。(今見たら地獄だったので、瞬時にブログ全削除しましたが)
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7247.JPG
(ARuFaさん)
僕にはARuFaさんのような才能はなく、だだスベりを極めていたんですよね。

そんな僕がなんで黒歴史であるブログを始めたのかというと

掃き溜めが欲しかったからです。

どこかから歩いて帰る時、電車に乗る時、家でダラダラしている時など、フッと思い浮かぶようなことがたくさんあります。

しかし、それは全てわざわざ友達などに言う程のものではない下らないことばかり。

そんなことを頭の中に溜めておくと、恐らくそれは腐って毒物と化します。

フッと思いついた下らないことを誰にも迷惑をかけずに垂れ流しにするのが、ここブログだと考えたのです。

Twitterでもいいのですが、140字にまとめようとするのにも頭を使うんですよね。

なので、気楽に脳内デトックスをするために、ブログを書きます。

(ここからが本題)

僕の最近のプチ夢は「キズパワーパッドを使うこと」です。

あれが発売されたのはかなり前ですが、未だに使ったことないんですよね。

実際に使った人からは絶賛の嵐。

僕も使いたいのですが、条件が地味に嫌なので今まで使ってきませんでした。

条件①
怪我しなければいけない

はい、嫌です。痛いし。

条件②
高い金を払わなければいけない

調べたら700円程でした。
ここなんですよね、地味に嫌なところは。

丁度手を出しにくい。

僕がプチ夢を叶える時は、お金に余裕を持ちつつ、グジュグジュの擦り傷をした時ですかね。

ね、下らないでしょ。
オチも何もない。
その点毎回ド派手なオチをブチ込むARuFaさん、本当に凄い。

しかし、デトックスは終わったので満足です。また。

↑このページのトップへ