でも、これからも、言いたいことを言います。

なぜかというと、思っていることは、口に出さないと伝わらないこともあるからです。

伝わっていると思っても、実際は伝わっていなかったり、予想と全然違う受け取られ方をしていたり。

時に、嫌われてしまうこともあります。

でも、基本的にまるるは、状況を良くしようとして、伝えるのです。

だから、それで伝わらなかったら、それまでの人なんだ、といつも思います。だって、それで良い関係がつくれる人もいるから。

まるるは、そういう人だけいればいいんです。

だから、無理に好かれようともしないし、昔は取り入ろうとか思ったけど、今は疲れるからしません。

まるるは、自分自身の感じてることを大切にします。その上で、相手の感じてることも想像します。それで、もし間違っていたら謝るし、自分が正しいこと、納得できないことには絶対に謝らないし、わかりましたとも言いません。

それは、意思や主義、主張のない、空っぽの人になりたくないから。

だから、これからも言いたいことは言うし、相手から言われたことを受け止める懐の広さをもって生きていきたいです。

x1n_Y4OyHD.jpeg
おわり

暦の上では春とはいえ、花見に沸き立つ都会から離れてみれば、山々はまだ白く、こちらでは、春が訪れるのは、もう少し先の様子。

そんな中、またひとつ歳を重ねました。

平成元年の4月1日にこの世に生を受け、気付けばもう30歳。

30年という月日は長いか短いかと言われると、どちらとも取れますが、振り返るには十分な期間だと思います。

まさか、自分が30歳になるなんて、幼い頃には想像もできませんでした。

しかし、時が経つにつれ、たくさんの出会いや別れや、様々なことを経験するうちに、知らず知らずのうちに、私たちは、歳を重ねることを受け止めていくものなのだと実感しています。

私が生まれた時に25歳だった母は、55歳に。父は60歳に。祖父は一昨年亡くなり、祖母は80歳になりました。

正直、今、自分自身は、成りたかった大人に成れているか?と自問すると、全くそんなことはなく、未熟さを感じることも多々あります。

けれど、まずはこの30年、大病もなく健やかに、笑顔で過ごさせて頂けたことに感謝しなくてはと思っています。

これからの人生は、思い描いたこと、やりたいことを体現していく時間にしたいと思っています。

もし、過去の自分が生きている世界が別にあるとしたら…

まるるは、未来に思いを馳せる、まだ幼い自分に恥じないように、これからの未来を、自信を持って生きていきたいと、強く思いました。
DSC_0235.JPG
おわり

春っぽくなってきたね〜

4月生まれだから、この時期が一番調子いいです(*^^*)

今日も頑張りましょ

おわり
bjq6pMbL1s.jpeg

↑このページのトップへ