皆さんお元気ですか⁉

ぽかぽか日和が続いて、外にでると眠くなる石井マークです!

 

先日、41日にアニメ「ヴァンガードG Z」の最終回、「ヴァンガードG」シリーズが完結しました。

そしてその日、あにてれさんのお力で、みんなで最終回を観るイベント「カードファイトG Z 最終回にみんなでライド!」が行われました。

 

朝早くからにも関わらずたくさんの方が会場に来てくださっていて、イベントが始まったばかりにも関わらず、もうすでに感動してしまっていた自分がいました。

みんなで最終回をリアルタイムで観れることって悲しいように思えるけど、実はすごくうれしいことなんです。

そもそも、最終回をオンエアのリアルタイムでみんなと観れることって、なかなかないんですよ!だからこそあの上映会の時間、あの瞬間をすごく大事に思いながらイベントに臨みました。

 

まず上映会が終わり、その日放送された回「Extra Turn」の感想だけをいうはずだったんですけど…僕は思わず、ヴァンガードGという作品を応援し、支えてくださった皆さんに感謝の気持ちを伝えたくて、その気持ちが抑えきれなくなって、約3年分の感謝の気持ちを喋ってしまい、感極まって泣いてしまいました…。

イベントに来てくださった方や、あにてれ配信を観てくださった皆さんにはその気持ちが伝わったと思いますが、イベントに参加できなかった方や、配信を観れなかった方もいらっしゃると思うので、この場を借りて、改めて色々書きます。


 

ヴァンガードGが始まったとき、ものすごく嬉しかったです。

僕自身カードゲームが大好きで、子供の頃気になったカードゲームや、友達に勧められたカードゲーム、カードゲームアニメではなかったけど、カードゲームを出していた作品のカード、色んなカードゲームをやっていました。

そして、まさか自分が触れたことのある「ヴァンガード」というカードゲームの新主人公をやることになるなんて思ってもいなくて、本当に本当に嬉しかったです。

でも、嬉しい気持ちの裏側には、不安やプレッシャーもありました…新主人公としてもっとヴァンガードを盛り上げることができるのか、ちゃんとクロノくんを演じることができるのか、そしてそのクロノくんがみんなに愛されるのか、共演者の方とうまくやっていけるか等…嬉しい気持ちよりも、やっぱり不安に思ってしまうことの方が多かったです。

 

そして、長い作品なだけあって、いろいろなこともあったりして、いつしか自分1人で、座長として、色々あったことを「俺が頑張って埋めていかなくちゃ!」とか、「俺が成長してないからダメなんだ!」と自分1人で抱え込んだり、自分を責めていた時期もありました…。

 

「幸せ」、「願望」、「不安」、「プレッシャー」、「自己嫌悪」

3年間、僕はいろいろな気持ちを抱えながらヴァンガードGに挑んできました。

 

 

その長いようで短かった約3年間、僕は全力でやりきることができました。

全力でやりきったことはきっとアニメを観てくだった方にはきっと伝わっていると思います。

僕が挫折せず、諦めず、全力でやりきることができたのは、皆さんからいただいたお手紙、プレゼント、ラジオのお便り、くだらないことを僕がツイートしたときにくれるツッコミリプやノリリプ、僕をファイター芸人としていじってくれること、イベントでしかみれないみんなの笑顔があったからです。

皆さんへの感謝の気持ちは、もう「ありがとう」や「大好き」という言葉では伝えきれないぐらいなんです。


だからいつも、収録してるときも、イベントをしている時でも、ラジオを録っている時でも、どんな時でも、少しでも自分の体、声を通して、みんなに感謝の気持ちを伝えたいと思うようになりました。

 

まだ大ヴァンガ祭もありますが、感謝の気持ちを込めて、みんなに伝えます。


3年間、「ヴァンガードG」を、「クロノくん」を、「カードゲーム ヴァンガード」を、そして「石井マーク」を応援しくださったみなさんへ。

みんなの声が、みんなの笑顔が、みんなの暖かさが、みんなの優しさが、本当に大好きでした。僕にとって、ヴァンガードGに関わらせていただいたこの3年間は、いつどんなときでもかけがえのない幸せな時間でした。

 

たくさんの幸せを僕に与えてくれて…

本当に、ありがとうございました。


石井マーク

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6448.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6449.JPG