通りにて
1歳半くらいの子の手を引いて
ゆっくり歩いている
母子の姿を見、
そんな時期があったと
成長した我が子のことを思い
愛おしくなる。