こんな風に描きたいという理想がある。

理想に向かい描きつつも
理想のレールにのらず

結局、こういう描き方を選び
正直に描く自分になる。

こういう絵を描いてしまうのは
自分の性なのかもしれない。