ボビー・フィッシャーを探して
Searching for Bobby Fischer (原題)

タイトルがいい。

見出してから中盤まで
どんどん引き込まる
面白く見ているが
早い展開の中で
いろんな人の心情が描かれ
ストーリーにじっくり感情が入っていかず
どこか客観的にしか見れない。
何かわざと盛り上げないように
淡々と作られている気がして
なぜだろうと思っていたが
最後に実話だということが書いてあり
納得。
何かモヤモヤしていたものが
一気に晴れ、なるほどーという気持ちに。
実話かー、すごいなー、いやー面白かったなー
に変わる。
実話と分かってみるのと
実話と知らないでみるのでも
映画の見え方、感じ方は大きく変わるのだと気がつく。

しかしチェスも面白そうですなー。

★★★☆☆