ダークナイト ライジング
THE DARK KNIGHT RISES (原題)

バットマン好きによる
バットマン好きのための
バットマン映画。

今作もバットマン好きには
たまりましぇんな内容でした。

見終わって映画館をでると
3時間近くたっていて
いったい何分あったのと調べてみると
165分だって。
今時こんなに長い映画はなかなかないよね。
よくブログで2部作にして
人物描写をしっかりしてほしいとか
商業的に長い映画は作れないとか書いてるけど
そこんとこしっかり作ってくれる
バットマン。
しかし165分はすごいな
だけど見ていて長さを感じなかったのが
これまたすごい。

バットマンビギンズにはじまり
ダークナイト
ダークナイトライジングと
キャラクターの出し方がいいよね。
キャラクター愛と
ファンを喜ばそうとする姿勢がすごく嬉しい。
今作の
次を予感させるラストの演出も
にんまり。

細かく気になる事や
語りたい事は沢山ありますが
書いていたらこちらも165分くらいかかっちゃいそうなので
書かない事に
とにもかくにも大満足にんまり顔で
映画館を出れたことに5つ★

でも1つだけ
最終的に孤児院として使う事になった屋敷
マイケルケインと孤児院って組み合わせ
サイダーハウスルールみたいだなと思っちゃったね。


キャラといいポスターといい
かっこよすぎです。






おまけ

小さい頃
このバットマンのマークが入った
帽子をかぶっていたけど
実家の歯医者に来るお客さんだか
親戚の人だかに
その帽子のマークは
「歯」かね?
と言われたことがある。
その人は黒いコウモリのマークではなく
その周りの黄色が真っ先に視界に入っていたらしく・・・。
たしかに黄色部分は歯に見えなくないが
歯医者の息子だからって
歯のマークの帽子はかぶらないだろう。
でもそれ以来
バットマンの帽子をかぶるのが
妙に恥ずかしくなった。

★★★★★