4月8日 滞在10日目
昨日のワークショップの緊張もあってか
今朝は少し遅めに起きる。
いつものようにホテルで朝食を食べる。
昨日買っていたクロワッサンにハムやチーズを挟むだけのシンプルな朝食。
だけどクロワッサンがあまりに美味しく、ただ挟むだけでも立派なフランスの朝食である。
明日パリに戻るため今日はゆっくりポアティエで過ごそうということになり
初日に連れて行ってもらった公園に行く。
公園は休日の人の多さが嘘の様に誰もいなかった。
少し肌寒い気温ではあったが
家族だけで散歩したりスケッチしたり、ボールでサッカーしたりと
公園を満喫する。
お腹がへってきたので公園を後にして
昼食を食べに行く。
初日に連れて行ってもらったレストランに自分たちだけで行くが
ここではじめてほとんど英語が伝わらないことに気がつく。
パリと違いポアティエでは英語を話してくれない、あるいは話せないお店も少なくなく
このレストランでオーダーをとりに来たお兄もまた英語を話してくれない。
こっちがフランス語は話せないといっても関係なくフランス語だけで永遠話しかけてくる。
不意打ちをつかれたような疲れる昼食だった。
もう少し語学はどうにかしなくては
フランスにいる間この事ばかり考えていたが、日本に帰ってくるとなかなか勉強しない。
近所の文房具屋で少し買い物をすませた後、1度ホテルに戻り子供とお昼寝。
夕方から、またステファンの家に招待されていたので
夕食をごちそうになりに家に行く。
夕食まで時間があったので
お茶を飲んだり、息子のナオキくんと娘は遊んだり
僕は外にスケッチしに行ったりとおのおのの時間を過ごす。
夕食~デザートまでしっかりごちそうになり夜10時頃ホテルに戻る。
結局ポアティエに来て毎日ごちそうになりっぱなしだった。
明日はパリに戻る。

4月9日 滞在11日目
朝起きて、チェックアウトの時間は何時だろうなど
少しバタバタしていると麻子さんから電話があり
チェックアウトの時間から荷物を少し預かっていてほしい等
いろいろとお世話してもらい列車の時間までホテルの近くの紅茶屋でゆっくりする。
ステファンと合流してそのまま駅へ向かう。
長い坂道を列車の時間を気にしつつ少し早足で下る。
駅につくとみなでホームまで行き
写真を撮ったり来月日本で会う話をしたり、ナオキくんとの別れを寂しがったりと
列車がくるまでの時間をみなで過ごす。

paris144
公園のベンチで母は手紙を、僕はスケッチを。

paris145
娘とサッカーをして遊ぶ。

paris144
赤ちゃんカモに遭遇、親子で散歩。

paris145
ステファン達になにもお礼が出来ず
ナオキくんのイラストだけおいて行く。

paris146
ポアティエの駅前

paris147
ホームで記念写真

paris148
バイバーイ ポアティエ