ホテルで朝食を食べゆっくりしていると
ステファンの奥さんの麻子さんから電話があり
「マルシェに行くので一緒に行かないか」と誘われたのでついて行く。
朝からフランスの市場で買い物見学とは楽しい朝である。
チーズ屋さんではすごいマッチョのお兄さんがチーズの産地や味など
うんちくを良くしゃべる。
このお兄が熱弁すると普段苦手なチーズも食べてみようかという気になる。
肉屋さんには頭がついたままのハトやニワトリが並べてあった。
毛は奇麗にむしられ、首はくね~と曲げられたニワトリの目はこっちを向いていて
死んでいるとはいえ、すごいインパクト。
日本で頭付きで並べてあると肉売れないだろうな~と思う。
うさぎやひつじなど日本の肉屋とは少し品揃えが違っておもしろい。
魚屋さんや果物屋さん、スパイス屋などは日本の市場とさほど変わらないが
良くしゃべる店員や商品の陳列の仕方、臭いや色など見ていて飽きなかった。
1度ホテルに戻り、夕方からのワークショップの準備をする。
ステファンの家での昼食に招待してもらっていたので
お昼にステファン宅へ。
ここで嬉しい出来事が。
麻子さんが娘にお弁当を作ってくれていた。
お弁当にはおにぎりに唐揚げ卵焼きと娘の大好きなものばかり
フランスに来て8日目、久しぶりの日本食に娘はとても嬉しそうに食べていた。
ステファンのお母さん自家製のパテをごちそうになり
朝マルシェで買った生ハムやチーズも食べ
おもてなしの気持ちが沢山込められた昼食にみな感動する。
昼食後ステファンと、ワークショップとサイン会の打ち合わせを軽くする。
本棚からフランスの作家さんに描いてもらったサイン本を沢山見せてもらう。
ここで驚いたのが、どの本にもしっかりと着彩されたサインが描かれていた。
どの作家さんも絵本の原画の様に丁寧に絵を入れサインを描く。
フランスの絵本作家が描くサインというのは
ここまでしないとダメなんだとステファンから説明を受ける。
フランスのサイン会では、お客さんをどれだけ待たせてもいい、
みんなサインのためならきちんと待ってくれるから、
時間をかけて丁寧なサインをすると喜ばれるよと教えてもらう。
夕方のサイン会前に少しプレッシャーといい緊張をもらう。
またホテルに戻り、引き続きワークショップの準備をし
ワークショップとサイン会の会場である絵本屋さんに向かう。

paris132
マルシェの魚屋さん

paris133
肉を解体していた肉屋さん。

paris134
ワークショップとサイン会の絵本屋さん
「La Belle Aventure」のドアには告知のポスターが。

paris131
ショーウィンドーにもふうチャンを飾ってくれてます。

paris136
ワークショップ開始。
時期は4月だったのでふうチャンの絵本にちなんで
「鯉のぼりをつくろうワークショップ」
日本から持ち込んだ鯉のぼりの材料とウロコの形にカットした和紙で
フランスの子供達と鯉のぼりをつくってきました。

paris135
日本と違い、言葉が全く理解できません。
通訳は麻子さん1人に任せっきり、でも子供達は一斉にいろんなことを聞いてきます。
なんて聞かれてるのか全く分からず、その度に「麻子さ~ん、なんて言っています~?」
の繰り返し、僕の横にいた男の子がず~としゃべりかけてくる。
子供が言ってくる事だからなんとなく理解できると思い、がんばって対応していたが
何一つ理解できず、たまらず「麻子さ~ん」と助けを呼ぶ。
結局男の子は「左利き用のハサミは無いの?」と一生懸命、僕に聞いていた。
そりゃ全く分からないわけだ。

paris138
中庭がきれいな絵本屋さんのアトリエ
フランスでワークショップをしているとは、なんとも貴重な体験。
楽しい時間はあっという間に過ぎる。
小1時間くらいで鯉のぼりを作り、少しだけ写真を撮らせてもらう。
その後、サイン会と思っていたら
編集長のステファンと絵本屋さんのオーナーマダムと僕らとのギャラリートークの時間があった。
ここでは僕らの活動のこと、日本とフランス作家の生活や活動の違いについてや
次回作のことなどなど、質問と応答がこれまた1時間近くあったと思う。
印象に残った質問が、僕らの活動についてだけど
個人の自立を尊重するフランスにおいて、あなた達がカップルで制作することが
あまり理解出来ないとマダムに聞かれ、ちょっとビックリした。
そういった、するどい質問から文化の話まで沢山話しをした。
もう1つ驚いたのはワークショップが終わり、さらに大人の会話が1時間くらい
会ったにもかかわらず、子供達はず~と話を聞いていた事。
なんだかみんな大人だな~と感心しちゃいました。
最後は丁寧にサインをさせて頂き、絵本屋さんを後に。
ステファン達に打ち上げまでしてもらい、ホテルに戻る。
ポアティエにきてステファン達にお世話になりっぱなしである。


■ちょっとだけワークショップでみんながつくった
 鯉のぼり紹介。
paris139

paris140

paris141

paris142

paris143