タクシーに乗りパリ市内へ
空港からパリへ向かう高速は大渋滞でかなり時間がかかった。
せっかくフランスへ着いたのにパリになかなか着かずもどかしかったが
1番もどかしかったのは渋滞にはまっているタクシーのドライバーだったと思う。
ホテルに着いた後の別れ際の笑顔と
空港でmolintikaと書いた紙をもって待っていてくれたドライバーさんは
ほとんど話しはしなかったが、いい人だったな~思う。
ホテルについてすぐ、目の前にあるスーパーへ。
前回もホテル(前回と同じホテルに泊まる)の前のスーパーには何かとお世話になり
今回もず~とお世話になる。
コンビニなんかないパリでスーパーの存在はかなり助かる。
それがホテルの前にあるから、水や果物やちょっとした生活用品がすぐ手に入るのはありがたい。
ただ前回いった時とは違うスーパーになっていた。
スーパーで水や明日の朝食の材料やお菓子などを買い込み
またホテルの部屋へ。
日本を経つ前、無理無理仕事をしていたので
ほとんど寝ていなかったこともあり、この地点で体力、眠気の限界に。
まだ8時くらいで、外もまだまだ明るかったけど、明日に備えて今日は寝る事に。
今回、一緒に同行しているマメちゃんはカルチェラタンの方へ散策に行くと言って出て行った。

paris07 フランス窓はいつ見ても惹かれるものがある。
絵のモチーフにも何度も登場。実物はやはりいい。
先ほどのスーパーで花も買い、ちょっと飾ったりしてみる。

paris08
次の日、早朝4時くらいに目が覚め、ホテルの窓から
まだ静かなパリの街を眺めたり、少しスケッチしたり。
少しづつ空が明るくなってくる。

paris09
パリの町並みの屋根や煙突を見ると
またパリに来たんだな~と実感が湧いてくる。
いつみても気持ちが高まる飽きない景色。
お向かいの片方の窓に明かりがつく。
オレンジ色の明かりが、屋根や空のグレーのなかでひときわ奇麗に見えた。

paris10
日本にいるときにず~とパリの気温や天気が気になっていた。
出発前日、ネットで見たパリの週間天気予報では
毎日雨になっていた。
飛行機の中でも天気はず~と気になっていて、ずっと雨だったらどうしようと思っていた。
パリに着いた時は雨は降っておらず
この日の空も青空が見えてきて今日の天気に期待がでてきた。
雨ではない空を見て、どこに行こうかとわくわくしてきた。