本日4日目が終わりました。
マユっぺは家仕事でいなかったので
1人で進めたけれど限界がありますね。
思ってたほど進まなかった。
それでも動物に結構、色を入れる事は出来ました。

壁画を制作している場所には僕以外に、いろんな業者の人たちが出入りします。
水道管の業者や棚を作る大工さんやら何という職業かわからん人たちまで。
そんな人たちは一目で建物専門の業者さん、職人さんと解るのですが
そんな人たちから見て、僕は何屋さんに見られているのだろうか。
ペンキ屋さん?壁画屋さん?画家さん?絵を描く職業の人?

絵を描く職業の人。

こんな事を思いながら壁画を制作していたら、ある事を思い出した。

高校生の時、その頃からマユっぺは絵本作家になりたいという夢をきちんと持っていた。
僕はというと、絵が好きだけで美術科のある高校に入学したけれど
どういう職業につきたいかは漠然としていた。
デザイナー?画家?漫画家?イラストレーター?
イラストレーターってなんだ?
何を持ってしてイラストレーターだ?
こんな具合だった。
ただ漠然と将来目指すべき職業を考えていたなかでこれだけははっきりしていた。
絵を描く職業につきたい。
絵を描いて生活したい。
これが高校生の頃の僕の夢。
それは美大に入っても、さほど変わらなかったけど
美大に入ってからは絵を描く事で少しずつ職業になって行きそうな気配があったから
高校生の時ほど漠然ではなかった。
高校生の時に思っていた、絵を描く職業につきたい。

今日、壁画を描きながら、これは絵を描く職業だな、と思った。
周りの業者さんも、この方は絵を描く職業の人だな程度にしか思わないだろうし
それ以上でもそれ以下でもなく
それが1番きれいに当てはまっている気がする。
高校生の時なりたかった絵を描く職業になってんだな~と
壁画を制作しながら思った。

壁画12

壁画13

壁画14

壁画15

壁画16