木工と陶芸の日

陶芸は素焼きに絵付け

余った時間で猫のオブジェ

理想の形にはならず苦戦するも

絵を描くのとは違う頭を使い

難しいのだが

体が作る喜び感じているのがわかる。

新鮮な気持ちで何かを作れることは

いつでも嬉しい。