月別アーカイブ / 2019年02月

HVwniltFTP.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3089.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3097.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3099.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3100.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3101.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3131.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3194.JPG
gXujqmxoFb.jpg
t2V7OTAw4R.jpg
相変わらず
描いては消し
描いては消して
混沌とした画面の中から
か細い道標を頼りに制作を進める。
少し柔らかい雰囲気になるように気をつける。

Title
花 鳥 水 木
(はな とり みず き)

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3131.JPG
絵を描く時はピアノの音がよくて
ピアノの音には色を感じる事がある。
聴いているピアノの音と絵が合えば
音から色が湧いて来て
道導のようにどんな色でどんな方向に絵を進めていけばいいか教えてくれる時がある。
曲にはストーリーを感じ
どんな絵を描けばいいかアイデアをくれる時もある。
夜にヘッドフォンで聴きながら絵を描く時は
深く絵と音楽の世界に入り込む時があり
時間を忘れ夜中まで絵を描いてしまう。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3123.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3125.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3127.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3128.JPG
駄作は丸めて捨てていたけど
毎日描く線画は日記のようだとも思い。
その日に描いた線はその日にしか描けない線で
その日の絵ならば
捨てないでとっておいてもいいのかもしれない。
そもそも自己評価などもってのほかで
いい悪いなど判断している場合ではない。
ただ描き続けていればいいだけのことだと思う。
評価は見る側に委ねればいい。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3113.JPG
ラフに描きたいが
いい加減に描きたいわけではない。

上手に描きたいわけではなく
わざと下手に見えるように描くのでもなく
自然に描きたい。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3109.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3111.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3104.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3106.JPG
線はまだまだ落ち着かない。

はたして落ち着いた線など魅力があるのだろうか。

言い訳にも聞こえるが
落ち着かない危うい線に
心が動くのかもしれない。

↑このページのトップへ