月別アーカイブ / 2018年10月

OCBMaBv4_p.jpg
一昨日の夜から胃腸風邪にかかり
大阪の展示を前にダウンする。
昨日は1日食事を抜き
今朝はお粥から始める。今の所、胃腸の調子は悪くなく、このまま回復してくれることを祈る。
展示に向けた制作は大幅に遅れ
体調は悪いが騙し騙し絵は進める。

この絵ももうじき完成するであろう。

大阪に送るのは時間的に無理そうなので
何点か絵は手持ち搬入になりそうだ。

pn1hANZPnt.jpg
日付はずっと前に28日になっているが
寝ていないのでまだ27日の頭である。
空の高さ
青の境界線
植物の濃淡
などなど
絵が死ぬも生きるも
これからである。

vFDZB8_nYo.jpg
明日は10年ぶりの健康診断で
早く寝なくてはと思えば思うほど
全く眠くならず絵を描いている。
普段2時3時まで起きているのだから
明日は健康診断といって
早く寝ることが出来るはずもない。

絵についてだと
何を描くかは重要で
どう描くかも同じくらい重要。
長く絵を描いていると描き方も変わるし
当然、絵も変わる。
どんどん絵が良くなってきましたね、と言ってくれる人もいれば
昔の方が良かったという人もいる。
どう思うかは自由で
どう思われるかは制作とは何も関係がない。
それでも今の絵も好きですと言ってもらえれば
それほど嬉しいことはない。
そう思ってもらえるよう
何にも縛られることなく
今、描きたいものを描き
今、描きたい描き方で描く。
そうしなければこの先
ずっと絵を描いていくことなど
出来ないと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2168.JPG
この辺りはぐっと進むところではなく
絵が停滞するところ
無駄のように思える描き込みも
よく描けているところを消してしまう作業も
いろんな事が起こり
画面が騒ぎ出し
でも
最後にはみな落ち着く。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2047.JPG
ここ最近は描きたいものが描けるようになってきていると思う。
作品を後で見直しても十分鑑賞に耐え得るものは描いていると思う。
そういう気持ちで描けているときは
明日死んでも制作の充実という面では
後悔がない気がする。
これからまだまだ絵は描いていくだろうが
描きたいものは十分描いてきたとも思う。
描きたいものを描けるという力は
自分の画業の成熟期に入ってきたのだろうか。
いつでも終われる気持ちであり
これから始まる気持ちでもある。
そういう気持ちで絵を描いている。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2049.JPG
何層にも重ねながら
空の青を濃くしていく作業は
根気のいる時間ではあるが
この先に絵がよくなるという確信があれば
苦しくとも進めて行けるし
何度でも描ける。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2043.JPG
これは紛れもなく
自分の絵であり
面白いように筆が動き
絵がどんどん立ち上がる。
ジメジメした9月の空気ではなく
10月の秋の空気が
紙に余分な水分を与えず
絵の具も自由自在にのっていく。
このまま描けるところまで進めていく。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2033.JPG
大阪の展示に向け新作のラフを描く。
この絵は昨年描いた
「星月夜」
と同じテーマであり
星月夜の再制作でもある。
星月夜の妹あるいは弟になるであろう絵になる予定だ。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2017.JPG
展示が始まり
あっという間に展示が終わり
手をつけることができなかった
いろんなことに追われに追われ
ノンストップで働き通しだったけど
ここにきてようやく
少しずづつ整理出来始め
作品も描ける環境になってきたので
作品制作と合わせて
放置していたブログも更新していきたいと思う。
僕に変わり
愛猫 麦が
決意表明の顏
或は
ファイティングポーズ。

↑このページのトップへ