TcTUJOG3ZC.jpg
絵に描く意味など求めておらず
気がむくままに絵を描いているから
突然、何の絵を描いていいのか分からなくなることがある。
目的もなく
目標もなく
ただ描いているだけの生活。
描くものが見つからず漂流している。

個展が終わり燃え尽き症候群のような状態なのだろうか。
呑気な話である。

しかし描かなければならない絵(仕事)は待っていて
休む暇なく
たんたんと描く毎日。

描く対象を見失っている今は
それはそれで助かっている。