_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0762.JPG
子供の時からサボり癖があり
大人になってもサボり癖が治るわけではなく
ある時期その時期ではガっ!と集中して絵は描くのだけど
朝から晩まで365日絵を描き続けているかというと
そんなことは出来ず
描かない時は、どうもサボっている気がする。
毎日、少量でも何だかの絵は描いているが
そんな悠長な作家活動をしている余裕など
まだまだで、もう40歳にもなるのに
どっと売れることはなく、どこかパッとしない作家から抜け出せないでいるのは
このサボり癖のせいだろう。
昨年出版させていただいた
「プーカの谷」のあと、ある作家さんから
線画について激励のお手紙をいただき
その手紙を昨日読み返すと
あれから線画もあまり描いてないと猛反省した。
もっと危機感をもって
死ぬ気で線を描き、面を描き
絵を描かないと
この先の未来はないと思った。