_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5733.JPG
駅前で飲みに飲んで
フラフラと歩いて帰る。
家の近くの公園まで来ると池があるせいか
ある地点から気温がぐっと下がり
同時に頭がしゃんとする。
そんな頭で冬の空をみれば
空気が澄んでいて月や星はくっきりときれいだし
公園の木々は街頭に照らされて
昼間に見るより
輪郭線は強調され
明るい色と真っ黒と色の対比も美しい。

ふと思う。
感じる事の大事さを。
絵を描き続けることの難しさは
環境や経済的なことが原因に多いように思えていたが
今日のような日はそういった事はどうでもよく感じる。

大切なことは
感じる事だと思う。

感じてさえいれれば
ずっと描いていられるのだと思う。

今日のような日にそう感じれたから
明日からまた描いていけるのだと思う。