WSTwijeDR9.jpg
8t1emvVGCm.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3570.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3564.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3556.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3569.JPG
子供達の春休みを利用して
東京ー名古屋ー大阪ー香川ー高知
と車で旅に出る。
友人、知人、会いたい人たちに会いにいく旅でもある。
初日、名古屋 覚王山
名古屋では2つの目的があり
1つは昨年あるイベントで仲良くなった家族と再会するため。
もう1つは小さなスペースだが展示会ができないかとメールをいただき、初めは行くのは無理かなと思っていたのだけど、今回の旅の計画の中に入れることにより可能だと思い、展示をさせていただくことになった。

嫁と結婚するまでは何度も東京ー長崎間を車で行き来していたが
家族で車でここまで遠出することははじめてのことであり
途中渋滞等にはまりながら、なんとか名古屋まで到着。
今回の展示場所はビストロカフェ ランプリール。
到着後ランチとデザートをいただき、搬入作業をする。



_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3370.JPG
2年くらい前から
ある提案からずっと逃げていたことがあり
どうにかしないとは思っていたが
逃げたまま時間に委ねようとは思っていたが
突然それはやってきて、対峙しなければならなくなりそうで
どうしたものかと思っていたが
突然方向性が見えてきて
新たな道が開ける。
見切り発車は常々大事だと思っていて
それはそれで違う未来が開けたのだろうが
逃げ悩む時間がまた違うアイデアを呼び起こしてもくれた。

HVwniltFTP.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3089.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3097.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3099.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3100.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3101.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3131.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3194.JPG
gXujqmxoFb.jpg
t2V7OTAw4R.jpg
相変わらず
描いては消し
描いては消して
混沌とした画面の中から
か細い道標を頼りに制作を進める。
少し柔らかい雰囲気になるように気をつける。

Title
花 鳥 水 木
(はな とり みず き)

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3131.JPG
絵を描く時はピアノの音がよくて
ピアノの音には色を感じる事がある。
聴いているピアノの音と絵が合えば
音から色が湧いて来て
道導のようにどんな色でどんな方向に絵を進めていけばいいか教えてくれる時がある。
曲にはストーリーを感じ
どんな絵を描けばいいかアイデアをくれる時もある。
夜にヘッドフォンで聴きながら絵を描く時は
深く絵と音楽の世界に入り込む時があり
時間を忘れ夜中まで絵を描いてしまう。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3123.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3125.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3127.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3128.JPG
駄作は丸めて捨てていたけど
毎日描く線画は日記のようだとも思い。
その日に描いた線はその日にしか描けない線で
その日の絵ならば
捨てないでとっておいてもいいのかもしれない。
そもそも自己評価などもってのほかで
いい悪いなど判断している場合ではない。
ただ描き続けていればいいだけのことだと思う。
評価は見る側に委ねればいい。

↑このページのトップへ