まずは上のマップを見て欲しい。

これは浅草駅東側の様子なのだが、見ての通り『吉野家』、『松屋』、『すき家』の牛丼3強が密集しているのがわかるだろう。

それも半径50m以内に、である。

これほどの密集具合は、おそらく関東では他に無いのではないだろうか。

タイトルにも書いてしまっているから何を言いたいのかはバレバレだと思うので、もう言ってしまおう。

そう、これはまさに・・・



牛丼三国志である。


つまり、




こういう事だ

おそらく浅草の地では今、『吉野家』、『松屋』、『すき家』による熾烈な勢力争いが起きているはずなのだ。

浅草と言えば年配が多いイメージだが、こんな激しい大戦争の真っ只中ではお爺ちゃんもお婆ちゃんも安心してヨボヨボできるはずもない。

この3店舗による、血で血を洗う戦いに怯えながら暮らしているのだろう。


実際には血ではなく皿を洗っていると信じたいが。




個人的に応援したいのは、最近チキン系定食をレギュラー化した松屋だ。



チキン系定食だけでなく、人気メニューの『ごろごろチキンカレー』もレギュラー化し、ファンサービスにも余念がない。

これはまさに、王者『吉野家』、新興勢力『すき家』に対する

現代の黄巾の乱と言えるかもしれない。




だが、すき家も侮れない。




1899年創業の吉野家、1966年創業の松屋に対し、1982年創業とかなり後発のチェーンでありながら、その店舗数はダントツトップの1940店!(※2022年5月15日現在)

他店には無いトッピングとメニューの豊富さも魅力だ。

事実として前述の通り圧倒的な店舗数でもって、すでに日本中にすき家の赤壁を築き上げている。




そして一方の吉野家だが・・・



最近はあまり良いニュースを耳にしない。

せっかく自信作の親子丼をメニューに加えたというのに、そのタイミングで幹部の不適切発言やら、就活生に対する差別発言やら、ブランドイメージに傷がつきまくっている。

定食に力を入れている松屋、メニューの豊富さで勝負のすき家に比べ、基本的な王道の味で貫禄勝ちをし続けてきた吉野家。

牛丼界を長らく牽引してきたトップランナーに今、陰りが見え始めている。

一体どうして、こうなってしまったのやら。

これはもしや・・・

孔明のチキチキバンバンによる罠だったのか。





この決着がそう簡単につくとは思えないが、戦いの行く末を興味深く見守るとしよう。

もし浅草に行く用事があったら、この3店舗の食べ比べでもしてみようか。



あ、最後にこれだけは言っておかなくてはなるまい。








俺、三国志まったく知らねんだわ。


#牛丼
#吉野家
#松屋
#すき家
#三国志




そして最後の締めにチキン系定食をレギュラー化してくれ!と書いた。








レギュラー化してました。

それも4/29から。

そうとは知らず、「チキン系定食は期間限定で年に数回しか出会えない」とか偉そうに語って申し訳ない。

ちゃんと松屋のHPを隅々までチェックしてなかった自分が悪い。

でも、でもね?松屋さん。

アンタも悪いぜ?

なんでこんなビッグニュースをもっとアピールせぇへんねん?

本来なら専用の告知ページ作って、大々的に盛り上げるべきやん。

それがニュースリリース欄でひっそりとご報告だけ。

お前は思春期の中学生か!!

「好きって言わなくても想いは伝わるよね?」って、

乙女系ヒロイン気取りか!!

もっと全力でアピールしろや!!





・・・すみません、興奮しすぎました。





いやー、道理でオカシイとは思ってたんですよ。

松屋に行ってみたら券売機にチキン系定食が表示されている。

なのに期間限定メニューの告知は無い。

その答は、期間限定メニューじゃなくてレギュラーメニューだったから。

いや、結果的には嬉しい事なんだけども、こんな思春期の告白みたいな伝わりにくいやり方じゃなくて、もっと情熱的に伝えて欲しかった。


お恥ずかしながら、ドM78星雲から帰ってきました。







・・・本当に恥ずかしい導入で申し訳ない。





タイトルの通り『シン・ウルトラマン』を観てきたので、興奮冷めやらぬままに感想を書きたいところなのだが、まだ観てない人にも配慮してネタバレは避けたいと思う。

観て感じた、思った事を、ネタバレにならないように留意して順番に書いていこう。

まず・・・


①庵野さんのやりたい事を全部詰め込んだ映画

具体的な事は書けないが、『新世紀エヴァンゲリオン』の頃から庵野さんの作品を観てきたファンなら理解してもらえると思う。

『エヴァ』、『キューティーハニー』、『シン・ゴジラ』など、過去の庵野作品を知ってる人なら「庵野秀明ってこういうのが描きたいんだなというのをなんとなく肌で理解していると思うが、そういうのが全部入っていた。

え?よくわからない?

そうか、世の中の人が全て庵野作品を知ってるわけじゃないもんね。

『エヴァ』も『シン・ゴジラ』も観てない人向けに言うなら・・・




②ファミコンの『テトリス』をプレステ5で再現した感じ


知っての通り元祖の『ウルトラマン』は1966年。今から56年も昔の古い作品だ。

これだけ古い作品だと、現代の映像に慣れた我々が観るとどうしても「チープさ」を感じてしまうのは仕方がない。

これを現代技術でリメイクをすると、映像のチープさは無くなるが、同時に「元祖らしさ」も無くなってしまう例が多い。

が!

そこが庵野マジックの見せどころ。

映像は新しくなりつつ、元祖っぽさもしっかり残す。

そう、プレステ5の最新ハードでファミコン版の『テトリス』をやってる感じというのが、自分的に一番しっくりくる表現なのだ。

『テトリス』というゲームは、たとえゲーム機の映像が綺麗に進化したとしても「4マスのブロックが上から落ちてきて、横1列が揃うと消える」というルールだけは絶対に変わらない。そこを変えたらテトリスではなくなってしまう。



つまりそういう事だ。


え?まだよくわからないって?


うーん、これ以上言及するとポロっとネタバレしちゃいそうで怖いしなぁ。

もしこれ以上詳しく知りたいっていうならもう映画館に行って観てきてくれとしか言いようがない。

あ、最後にこれだけは言っておこうか。



③めちゃくちゃ面白かったです

以上。

この内容で満足できないなら映画館へダッシュしろ!

#映画 #シン・ウルトラマン

↑このページのトップへ